蔭山和夫の出身高校

蔭山和夫 プロ野球選手

蔭山和夫(かげやま かずお、1927年1月16日 - 1965年11月17日)は、プロ野球選手。ポジションは三塁手。大阪府立市岡高等学校 旧制市岡中学から早稲田大学卒業(主将)後の1950年、福岡ソフトバンクホークス 南海ホークスに入団。翌年には打率.315を打ち、新人王に選ばれた。1959年に現役引退後はコーチとなり、鶴岡一人監督を支える名参謀ぶりを発揮した。球界でも有数の理論家として知られ、現役時代の野村克也の良き理解者だったといわれる。1965年11月13日鶴岡監督勇退を受けて就任したが、4日後の17日に急性副腎皮質機能不全のため急死した。享年38。蔭山の死去を受けて鶴岡は勇退を撤回し、1968年まで指揮を執った。

蔭山和夫の出身高校

蔭山和夫出身高校
市岡高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1022位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1927年1月16日生まれ

蔭山和夫の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング