荻晃太の出身高校

荻晃太 プロサッカー選手

荻 晃太(おぎ こうた、1983年5月5日 - )は、岐阜県美濃市出身のサッカー選手。Jリーグのヴァンフォーレ甲府所属。ポジションはゴールキーパー(GK)。

小学校4年生(10歳)の時にサッカーを始める。中学生の頃からGKに専念するようになった。1999年に岐阜工業高校に進学し、3年時の全国高校選手権では準優勝を果たした。同期は片桐淳至、岩田卓也、土屋貴啓など。

2002年にヴィッセル神戸に入団。掛川誠が正GKを務めており、しばらく出場機会に恵まれなかったが、チームのJ2降格が決定した2005年J1最終節にリーグ戦初出場。掛川が退団した2006年から正GKに抜擢され、スチュワート・バクスター監督がリベロのようだと評した守備範囲の広さを武器に活躍。プロ5年目にしてA契約に移行した。同年の福岡とのJ1・J2入れ替え戦ではチームを救う好セーブを連発しJ1昇格に貢献した。

2007年は新加入の榎本達也にポジションを奪われ、シーズン途中に大宮アルディージャにレンタル移籍するが、江角浩司からレギュラーを奪えず天皇杯1試合の出場に留まった。2008年にはFC東京にレンタル移籍。正GK塩田仁史の控えとしてリーグ戦全34試合全てでベンチ入りし、チームをバックアップ。ナビスコカップ第6節「東京ダービー」ではスタメン起用され勝利に貢献した。

2009年はヴァンフォーレ甲府へ3チーム目のレンタル移籍。神戸時代にチームメイトだった阿部謙作から正GKと背番号1を奪うとDFダニエルらと共に守備を立て直し、シーズン通しての失点数を仙台に次ぐ2番目の少なさに抑え、チームのJ1昇格争いの立役者となった。2010年もレンタル期間を延長。甲府のJ1昇格に貢献し、2011年から完全移籍した。同年は6年ぶりにJ1の舞台に立ったが、チームの不振と自身の負傷から、シーズン後半は荒谷弘樹にポジションを譲った。結局、17位に終わり1年でJ2へ逆戻りとなった。荒谷が引退した2012年は開幕から正GKを務め、安定感を高めてJ2新記録となる24試合無敗の立役者となり、1年でのJ1復帰に貢献した。同年11月15日、モデルで女優の長井梨紗と結婚した。2013年は開幕直後こそ正GKを務めるも、第3節名古屋戦でのファンブルによる決勝点献上や、並行開催のカップ戦で河田晃兵が上々のプレーを見せたこともあって、序盤は控えに配される試合が続いた。シーズン中盤より再び出場機会を得たものの、終盤は再び河田に定位置を譲り、この年は17試合の出場に留まった。2014年は序盤岡大生に先発を譲り欠場が続くも、中断期間前最後の試合となった第14節柏戦で完封勝利を果たすとその後はレギュラーの座を奪い返し、通年では23試合出場19失点という堅守を築き、クラブ史上最高位での2年連続J1残留に貢献した。

荻晃太の出身高校

荻晃太出身高校
岐阜工業高校 偏差値 岐阜県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
507位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1983年5月5日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング