荒川宗一の出身高校

荒川宗一 プロ野球選手

荒川 宗一(あらかわ そういち、1925年9月1日 - 2010年8月24日)は、静岡県出身のプロ野球選手(外野手)。

掛川中ではエースだったが、全国大会が戦争の影響により中止されたため、甲子園出場はならなかった。

早稲田大学進学後は打者転向し、早稲田大学野球部の黄金時代に主力選手として貢献。東京六大学リーグ通算86試合出場、320打数94安打、打率.294、1本塁打、55打点。卒業後は大昭和製紙で都市対抗野球大会に出場し、全日本へ選抜される活躍をみせた。

1956年に日本プロ野球の高橋ユニオンズに30歳で入団。高橋は戦力不足の弱小チームだったこともあり、プロ1年目ながら4番打者に定着し、149試合に出場した。しかし、翌1957年2月に高橋ユニオンズは解散、荒川は大映ユニオンズへ移籍したが、出場はできなかった。

現役引退後は、帝京大学の総監督を務めたり、早稲田大学野球部OB会長を務めるなど、学生野球の発展及び興隆に長く貢献していた。

2010年8月24日、胃癌のために逝去。84歳没。

荒川宗一の出身高校

荒川宗一出身高校
掛川西高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
415位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1925年9月1日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング