苑田聡彦の出身高校

苑田聡彦出身高校
偏差値
高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
4423位/4491人中(プロ野球選手)
性別
男性
生年月日
1945年2月23日生まれ
プロ野球選手別偏差値ランキングを見る

苑田 聡彦(そのだ としひこ、1945年2月23日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。

三池工高時代は九州一のスラッガーとして名をはせており「中西二世」とも呼ばれ期待されていた。1964年にプロ入りし、地元の西鉄ライオンズなどが獲得にのり出したが、苑田が選んだのは一番条件の低かった広島カープだった。広島入団の決め手となったのは担当だった久野久夫スカウトの人柄であり、「久野さんの熱心さにひかれた。お金はどうでもよかった」と語っている。

173センチという小柄な体でプレーし、技術面では問題なかったが精神面で弱く、1軍では結果を残せなかった。4年目となる1967年はオープン戦で好調も開幕2軍を命じられ悔しさを味わったが、その悔しさが苑田を変え、2ヵ月後には1軍へ戻ると6月に山本一義の負傷欠場でチャンスを掴み、打撃が開花。この年は109試合に出場し、打率.266と自己最高の成績を残した。ようやく定位置も確保できると思われた1969年に山本浩二の入団で外野から内野へコンバートされた。当初は外野で山本と競い合いたい気持ちが強く、山本が入団してきた年の契約で内野コンバート前提の契約が盛り込まれていたので春のキャンプに入ってもなかなかサインをしなかった。これ以降は打席にもあまり立てず、守備固めの出場が多くなった。

しかし1972年には三塁手、二塁手としての出場機会が増え、45試合に先発出場。1973年からは上垣内誠と併用され、三塁手として起用される。翌1974年は、規定打席には届かなかったが打率.300の好記録を残した。1975年には衣笠祥雄が三塁手に回り行き場を失ったが、5月に大下剛史が負傷欠場し、代わりに二塁手、一番打者として10試合で40打数17安打と大当たりする。5月17日の大洋ホエールズ戦では先頭打者本塁打を放ち、チームを首位へと浮上させた。その後も三村敏之、シェーンの代役として出場し、スーパーサブとしてこの年の球団の初優勝に貢献し、自身も忘れられないシーズンとなった。阪急ブレーブスとの日本シリーズでも最終戦で代打として出場を果たしている。

1977年に現役引退し、スカウトとして球団に残り、東日本を中心に活動。スカウトとしてのスタートは球団から唐突に「東京でマンション一部屋探しとけ」の指令からだった。ほとんど知らなかった東日本での活動に当初はかなり苦労したらしい。江藤智、金本知憲、嶋重宣、黒田博樹、大竹寛、永川勝浩らを入団させた。2006年からスカウト部長に就任、その後スカウト統括部長に就任した。

苑田聡彦の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング