脇阪寿一の出身高校

脇阪寿一

脇阪寿一 スポーツ選手

脇阪 寿一(わきさか じゅいち、1972年7月29日 - )は、日本のレーシングドライバー。奈良県奈良市出身。

実弟は、同じレーシングドライバーの脇阪薫一。夫人は、元レースクイーンの福沢美穂。

1996年に全日本F3選手権でシリーズチャンピオンを獲得し、以後、フォーミュラ・ニッポンや全日本GT選手権(JGTC、現・SUPER GT)などの第一線で活躍を始める。1996年には国産F1プロトタイプマシン、童夢・F105のテストに参加し、1998年にはF1のジョーダン・無限ホンダのテストドライバーを務めた。

当時はホンダ陣営の若手ドライバーだったが、JGTCにおいて2001年にTeam LeMansに移籍して以降トヨタのワークスドライバーとなり、2002年にはJGTCシリーズチャンピオンを獲得した。

軽妙なトークと明るいキャラクターでも知られ、『ジャンクSPORTS』『F1グランプリ』(共にフジテレビ)や『激走!GT 〜 SUPER GT+』(テレビ東京)など多数のテレビ番組に出演する。 多くのスポーツ選手や芸能人と交流があり、2003年には佐々木主浩がチームオーナーの「TEAM 22」からフォーミュラ・ニッポンに参戦した。 2004年からはお笑い芸人のダウンタウンの浜田雅功のオファーを受けて、吉本興業とタレントマネジメント契約を結び、吉本興業所属タレント初のレーシングドライバーとなった。またタレントのヒロミと共に「H-Factory Racing Team」を結成し、2002年のスーパー耐久にフル参戦した他、2004年からは「FieLDSレーシングチーム」チームプロデューサーとなり、ヒロミ(JGTC)や保阪尚希(スーパー耐久)らをドライバーに起用した。 2011年東日本大震災より東日本大震災復興支援プロジェクトSAVE JAPANを立ち上げた。

元レーシングドライバー松本恵二は師匠である。

以前には鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラ(SRS-F)の講師も務めた。教え子の一人に佐藤琢磨がいる。

トヨタ自動車の実業家豊田章男とはモータースポーツを通じて親しい交流があるなど、共にモータースポーツの発展と世界の車社会の向上にも力を注いでいる。

現在、SUPER GTにおいてはトヨタのレクサス・SC430→レクサス・RC Fの先行開発ドライバーを務めており、同じくSC430の開発ドライバーである立川祐路と並んで「トヨタのエース」と呼ばれている。しかし、2004・2005年シーズンは未勝利に終わった。近年は車の開発・モータースポーツの向上を挙げ、「たくさんの人に車の良さ・楽しさを伝える」のもと開発やイベントに積極的に参画し、若手育成にも取り組んでいる。

2006年にはトムスに移籍し、新たにアンドレ・ロッテラーがパートナーとなった。開幕戦 鈴鹿において新天地での初優勝を得た。同年の優勝はこの1回のみだったが、全戦でポイントを挙げ安定した成績を収め、SC430のデビューイヤーを2002年以来のシリーズチャンピオンで飾った。

2008年には、ドライバーズタイトルは逃したものの表彰台に4回登り、チームタイトルを獲得した。

2009年は、初戦はポイント圏外に終わったが、第2戦以降は表彰台5回を含む結果を残し、ドライバー・チームのダブルタイトルを得た。

色の意味はこちらを参照→key

脇阪寿一の出身高校

脇阪寿一出身高校
龍谷大学付属平安高校 偏差値 京都府高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1190位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1972年7月29日生まれ

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング