美濃部直彦の出身高校

美濃部直彦

美濃部直彦 サッカー選手

美濃部 直彦(みのべ なおひこ、1965年7月12日 - )は、滋賀県守山市幸津川町出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

選手時代はDF(主に右サイドバック)としてプレー。中洲小学校、守山北中学校を経て守山高校に進み、1982年の第60回全国高等学校サッカー選手権大会で滋賀県勢初となる準決勝進出に貢献した。

1984年より松下電器産業サッカー部(現:ガンバ大阪)に入団、1993年まで在籍。1994年より京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)に移籍し、1995年に現役を引退した。

1996年から1997年まで京都のJrユースコーチ、1998年から2003年まで京都ユースの監督、2004年から2006年までトップチームのヘッドコーチを歴任。また、2003年にJFA 公認S級コーチのライセンスを取得した。

2006年10月、成績不振による柱谷幸一監督の解任を受けて、京都の監督に就任。翌2007年も引き続き指揮を執ることになった。

2007年、堅実に勝ち点を重ね、第4クールまで自動昇格圏内の2位を維持し続ける。しかし、他チームの追い上げもあり、第44節に暫定3位に後退すると、10月7日には天皇杯3回戦で明治大学に0-1で破れたことから第45節を目前にした10月13日に突如解任(後任は当時総監督であった加藤久)。

2008年より徳島ヴォルティスの監督に就任、同年はJ2最下位に終わる。2009年は18チーム中9位、2010年は19チーム中8位と2年連続で前年順位を上回る成績を収めた。

2011年は最終節まで昇格の可能性を残したが、札幌に勝ち点3差で及ばず、4位の成績。シーズン終了後に監督を退任。

2012年から、佐川印刷SCのテクニカルアドバイザー および京都産業大学サッカー部のヘッドコーチに就任。

2013年よりAC長野パルセイロの監督に就任。JFL新記録となる24戦無敗を達成し、チームを初優勝に導いた。なお、同年のJFL最優秀監督賞を受賞した。また、天皇杯でJ1名古屋などに勝利して4回戦に進出した。

鼻の下のヒゲがトレードマーク。1993年に怪我した際のリハビリ中から伸ばしはじめ、復帰した後に怪我をしなかったことから続けている。また、京都時代には京都のスポンサーである任天堂のゲームキャラクターから『ルイージ』という愛称もあった。

2015年8月に長野の監督を辞任した。首位には勝ち点差15つけられていた。

その他の公式戦

美濃部直彦の出身高校

美濃部直彦出身高校
守山高校 偏差値 滋賀県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
76位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1965年7月12日生まれ

美濃部直彦の関連人物

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング