篠巻政利の出身高校

篠巻政利 スポーツ選手

篠巻 政利(しのまき まさとし、1946年10月6日 - )は、山口県下関市出身の柔道家。身長181cm。体重115kg。1960年代後半〜1970年代前半に活躍した。

中学3年の時に柔道を始めた。千葉県立安房高等学校、明治大学卒業。メキシコシティーでの第六回世界柔道選手権、ルドウィヴスハーフェンでの第七回世界柔道選手権、両大会無差別級連覇。1970年の全日本柔道選手権優勝者。1972年ミュンヘンオリンピック柔道無差別級代表。得意技は大外刈りや内股というポピュラーな立ち技であった。

ミュンヘンオリンピックで2階級制覇したオランダの『赤鬼』ウィレム・ルスカに2戦2勝と勝ち越しており、体格も185cm・125kgと日本人離れした巨躯を誇っていたため、ミュンヘンオリンピックではかなり期待されていたが、予選敗退を喫したためルスカと闘う事はできなかった。同オリンピックでは入場式の際、日本選手団の旗手を務めた。

(階級表記のない大会は全て重量級での成績)

篠巻政利の出身高校

篠巻政利出身高校
安房高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
834位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
生年月日
1946年10月6日生まれ

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング