竹内愛一の出身高校

竹内愛一 プロ野球選手

竹内 愛一(たけうち よしかず、1903年 - 1972年)は、京都府出身のプロ野球選手(投手)、監督。

1921年に京都一商で全国高等学校野球選手権大会準優勝。早稲田大学野球部でも引き続き投手として活躍し、19年ぶりに行われた1925年の早慶戦で先発・完封した。

早大卒業後は、社会人野球の全京都、神戸スタークラブを経て、1941年にはプロ野球・朝日軍の監督に就任(同年は選手兼任)し、1942年・1943年には弱小だった同チームをAクラスまで引き上げた。

戦後の1946年には中部日本の監督に就任。ショーマンシップがあったが、酒絡みのトラブルで選手からは反発され、7月には更迭された。同年、プロ野球加盟を目指す東京カッブスの監督に就任するが、早朝からの飲酒・放蕩等の不行跡のため、またしても更迭された。

1947年には国民野球連盟加入を目指す熊谷ゴールデン・カイツの監督として登録されるが、親会社の熊谷組が同リーグの宇高レッドソックスを買収したため、頓挫した。同年秋には京都府出身者を中心に「京都団」というチームの結成を試みたが、叶わなかった。

竹内愛一の出身高校

竹内愛一出身高校
京都市立西京高校 偏差値 京都府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1309位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性

竹内愛一の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング