竹下慎太郎の出身高校

竹下慎太郎 プロ野球選手

竹下 慎太郎(たけした しんたろう、1971年7月10日 - )は、大分県大分市出身の元プロ野球選手(投手)。

大分工業高校時代の甲子園出場はならなかったが、3年夏の大分県大会でベスト8入りを果たした。卒業後は三菱自動車川崎(現・三菱ふそう川崎)に入社したが、その後郷里の大分に戻り、大分硬式野球倶楽部で野球を続けた。

右足を高く上げて始動するフォームから、140km/hを超える速球と「まともに打たれたことはない」と豪語するほどの切れを誇るスライダーを投げ下ろした。年を追って制球力も安定し、大分硬式野球倶楽部の左腕エースとして活躍した。自チームでの都市対抗野球大会出場は叶わなかったが、1999年と2000年には三菱重工長崎の補強選手として出場し、それぞれ準優勝、ベスト8に貢献した。

2000年のドラフト8位で横浜ベイスターズに指名され、29歳・妻子連れでの入団を決めた。29歳4ヶ月でのドラフト指名は市村則紀(30歳5ヶ月)に続く高齢入団として話題となった。

8位指名ながらも即戦力として期待され、中継ぎ・ワンポイントリリーフとして多く起用された。また、プロ入りの際に左打者対策としてスリー・クォーターにしたのも吉と出た。

1年目の2001年には53試合、翌2002年も44試合に登板した。

しかし、2003年は監督交代に自身の怪我も重なって登板数が激減し(14試合)、同年オフに金銭トレードで阪神タイガースに移籍した。

翌2004年は一軍昇格ならずまたも故障し、再度の一軍登板を果たせぬまま戦力外通告を受けた。

2006年から横浜のスカウト(九州担当)を務めたが、球団の常駐スカウトを置かないという方針転換を受けて2007年オフに退団。

退団後は福岡市内で治療院を経営している。また2015年春から西南学院大学野球部の投手コーチに就任した。

竹下慎太郎の出身高校

竹下慎太郎出身高校
大分工業高校 偏差値 大分県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3152位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1971年7月10日生まれ

竹下慎太郎の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング