稲垣祥の出身高校

稲垣祥 プロサッカー選手

稲垣 祥(いながき しょう、1991年12月25日 - )は、東京都練馬区出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ヴァンフォーレ甲府所属。ポジションは、ミッドフィールダー(MF)。

4歳の時にサッカーを始める。2004年、中学進学に併せて同年新設のFC東京U-15むさしへ加入。2006年には同期の重松健太郎、碓井鉄平、梅内和磨と共に高円宮杯U-15で全国準優勝。山口隆文監督や天野賢一コーチの下で体格差をカバーする動き出し・ボールタッチを学んだが、主力に食い込むことは出来なかった。

U-18への昇格を果たせず、2007年に帝京高等学校へ進学。高校入学後に身長を伸ばし、2年時よりボランチに配される機会が増えていった。在学中、2度の全国高校選手権に出場したが、2008年度大会では自身のPK失敗により初戦敗退。主将として臨んだ2009年度大会では大会前に負った骨折の影響で出場時間が限られ、1得点を挙げたものの初戦敗退となった。

2010年、日本体育大学へ進学。1期先輩の新井純平とボランチでコンビを組み、鈴木政一監督の下で主体的にプレーすることで自身の長所を発揮する術を掴んだ。2年時には関東大学リーグ2部で優勝。4年時には主将に就き、平野又三から背番号10を受け継いで、チームの心臓・大黒柱として奮戦したが、攻撃陣の不発による2部降格を喫した。

2014年より、ヴァンフォーレ甲府へ入団。抜群の持久力と献身的なプレーで評価を掴み、攻守に駆け回った。

稲垣祥の出身高校

稲垣祥出身高校
帝京高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
409位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1991年12月25日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング