秦真司の出身高校

秦真司 プロ野球選手

秦真司(はた しんじ、1962年7月29日 - )は、徳島県鳴門市出身。昭和末期から平成期(1980年代後半-1990年代)のプロ野球選手。現役時代のポジションは捕手や外野手。右投げ左打ち。流れるような美しいスイングが印象的で、野村克也監督(当時)をして「左打者のスイングのお手本」と言わしめた。また、そのスイングが実に打撃理論の理にかなった模範的なものであったことから、野村は「秦のバッティングは少年野球のお手本」とも評していた。鳴門高校3年生の春夏、甲子園出場。鳴門高校から法政大学へ進学。1984年、ロサンゼルスオリンピック野球日本代表に出場し、公開競技ながら金メダルを獲得。1985年ドラフト会議 ドラフト2位で東京ヤクルトスワローズ ヤクルトスワローズに入団。関根潤三監督のもと、八重樫幸雄の後継として正捕手をつとめる。1990年、野村監督に思いつきや単調的なリードを指摘され古田敦也にその座を奪われるも、打力と俊足を生かして外野手に転向。1990年代のヤクルト黄金時代を支えた一人。

秦真司の出身高校

秦真司出身高校
鳴門高校 偏差値 徳島県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2608位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1962年7月29日生まれ

秦真司の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

秦真司の評判・つぶやき

1 2 3 4 5 6 7 次のページ » 

秦真司の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング