秋野央樹の出身高校

秋野央樹 プロサッカー選手

秋野 央樹(あきの ひろき、1994年10月8日 - )は、千葉県印西市出身のプロサッカー選手。J1リーグ・柏レイソル所属。

9歳から柏レイソルの下部組織に所属。小学校6年時の2006年、日本代表としてダノンネーションズカップに出場した。

中学時代より各世代の年代別日本代表に名を連ね、AFC U-16選手権2010準々決勝・イラク戦では、チームをFIFA U-17ワールドカップ出場へ導く決勝ゴールを挙げた。本大会でも計4試合に出場し、グループリーグ突破の懸かったアルゼンチン戦で得点を挙げるなど、自国開催だった1993年大会以来18年ぶりのベスト8進出に大きく貢献した。

2012年8月3日、同期の小林祐介、木村裕と共に、トップチームに2種登録された。同年は柏レイソルU-18の主将を務め、第36回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会でクラブ史上初の優勝を達成し、自身も大会MVPに選出。千葉県予選を勝ち抜いて出場した第92回天皇杯では、1回戦ヴェルフェたかはら那須戦に勝利し、2回戦で天皇杯史上初となるトップチームと下部組織の「兄弟対決」を実現させた。

2013年、小林、木村、中村航輔と共にトップチームへ昇格。J1第3節ベガルタ仙台戦で公式戦初出場を果たした。

プロ2年目の2014年は、リーグ戦7試合に出場。同年8月のスルガ銀行チャンピオンシップ・CAラヌース戦では左センターバックとして先発出場し、勝利に貢献した。9月に開催されたアジア競技大会では、山中亮輔の負傷により3試合で左サイドバックを務めた。

アカデミー時代の恩師である吉田達磨が監督に就任した2015年は、4-1-4-1システムのアンカーとして茨田陽生とレギュラーを争い、リーグ戦16試合に出場した。

精度の高い左足のキックと、的確な状況判断能力が持ち味のゲームメーカー。本職はボランチだが、センターバックや左サイドバックもこなせるユーティリティプレーヤーである。

秋野央樹の出身高校

秋野央樹出身高校
柏中央高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
409位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1994年10月8日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング