福富邦夫の出身高校

福富邦夫 プロ野球選手

福冨 邦夫(ふくとみ くにお、1943年4月23日 - )は、広島県広島市南区段原中町(現・段原)出身の元プロ野球選手、コーチ。ポジションは外野手。

2歳のとき原爆投下に遭遇。実家は爆心地から約2.2キロの距離にあったが、比治山の陰だったため難をのがれる。広陵高校では1961年に、中堅手として夏の甲子園県予選決勝に進出。西村宏投手、高岡重樹捕手のいた崇徳と対戦するが0-1で惜敗、甲子園出場を逸する。卒業後は神奈川大学に進学。横浜五大学野球リーグでは在学中3度優勝。1963年の全日本大学野球選手権大会では準決勝に進出するが慶大に敗れた。

1965年、大学を中退して国鉄スワローズに入団。1年目から外野手の定位置を獲得し、中心打者として活躍する。武上四郎が入団すると、彼と一、二番を組み、ロバーツ以下の主力につなぐ役割を期待された。しかしチームの打線が安定せず、福富や武上が中軸を任されるケースも多くあり、なかなか機能しなかった。サンケイ・ヤクルトの不遇の時代を支えた打者の一人である。

1968年には初めて規定打席に到達(7位、打率.292)、翌1969年も打撃ベストテン10位(打率.281)を記録し、オールスターゲームには3度出場した。しかしその後は打撃成績が徐々に低下、1973年、金銭トレードで太平洋クラブライオンズに移籍する。

太平洋では打棒が復活、レギュラー外野手として2年間活躍した後、安木祥二との交換トレードで1975年、再びヤクルトに復帰。1978年には代打としてチームのリーグ初優勝、日本一に貢献した。

1980年に引退。ヤクルトでの通算1386試合出場は球団歴代10位となる。頭上でバットをくるりと回してからスイングする独特の打法は「円月殺法」と呼ばれ人気を博した。

引退後、同球団で二軍守備・走塁コーチ(1981年)、二軍打撃コーチ(1982年 - 1984年)、一軍外野守備・走塁コーチ(1985年)、一軍守備・走塁コーチ(1986年)、二軍守備・打撃コーチ(1987年)、二軍打撃コーチ(1988年)、二軍監督(1989年 - 1993年)を歴任。池山隆寛・栗山英樹・土橋勝征ら若手を鍛え上げた。野球解説者などを務めた後、1995年から台湾プロ野球・時報イーグルスの打撃コーチ、翌1996年には韓国プロ野球・サンバンウル・レイダース打撃コーチを務めた。1997年、近鉄バファローズの二軍打撃・総合コーチに就任し、2000年には二軍総合コーチを務めた。翌2001年にフロント入りし、編成担当に就任。2004年、球団合併による消滅のため退団。2006年から地元・広島市に本拠を置くスポーツ専門学校・MSHアカデミーの野球部監督などを務め、2010年より四国学院大学のコーチに就任。2013年からは監督。

息子の洋右は星槎学園高等部湘南校硬式野球部の監督。

福富邦夫の出身高校

福富邦夫出身高校
広陵高校 偏差値 奈良県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3481位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1943年4月23日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング