磯田憲一の出身高校

磯田憲一 プロ野球選手

磯田 憲一(いそだ けんいち、1924年6月10日 - 2002年12月17日)は、広島県出身のプロ野球選手。ポジションは主に二塁手。

広島商業学校では「幻の甲子園」と呼ばれる1942年の全国中等学校野球大会に主将として出場。広島商業から明治大学へ進学し、コロムビアを経て、1950年に誕生した地元のプロ野球チーム広島カープへ入団。球団結成披露式では石本秀一監督から「地元が生んだ天才内野手」と紹介された。しかし、身長160cmと小柄な体だったため守備力はあったもののバッティングの力には欠けていた為、石本監督からバントの練習を常々指示され、その後広島のバントの名手として活躍する。守備でも一塁とバッテリー以外のポジションを全て守ったユーティリティープレイヤーだった。1955年10月20日の中日ドラゴンズ戦では長谷川良平の30勝目がかかっていた試合で延長14回裏に代打で出場し、見事センター前にサヨナラヒットを打ち、長谷川に30勝目をプレゼントした。この勝利で長谷川は大友工と並んで最多勝を獲得。長谷川は「彼なしでは僕の30勝はなかった」と感謝していた。1957年に引退したが、7年間で63の犠打を成功させ、スクイズバントを一度失敗したが、それ以外のバントを外したことは一度もなかった。

引退後は球団職員、電電中国の監督を務めた。

磯田憲一の出身高校

磯田憲一出身高校
広島商業高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2732位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1924年6月10日生まれ

磯田憲一の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

磯田憲一の評判・つぶやき

  • プロ野球最下位チームの開幕オーダーbot 5年前

    広島カープ(1951年・石本秀一) 6白石勝巳 5武智修 8長持栄吉 2辻井弘 3井上嘉弘 7岩本章 9高木茂 4磯田憲一 1杉浦竜太郎"

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング