石川陽造の出身高校

石川陽造

石川陽造 プロ野球選手

石川 陽造(いしかわ ようぞう、1940年11月24日 - )は、1960年代に活躍したプロ野球選手である。ポジションは投手。愛媛県伊予三島市(現役当時。現・同県四国中央市)出身。

高松商業高校在学中、岡村浩二(高校卒業後、立教大学を2年で中退してプロ入り)とバッテリーを組んで1957年に選抜高校野球大会へ出場し、準々決勝まで勝ち進んだ。3年時の1958年には全国高校野球選手権大会に出場したが、こちらの大会でもベスト8まで進出している。又、1958年の春季四国大会決勝戦・対徳島商業高校戦では、25イニングを1人で投げ抜き優勝投手となった(尚、この試合では、板東英二と投げ合っている)。卒業後は立教大学に進学するが、3年で中退し、1961年暮れに東映フライヤーズへ入団。

プロ2年目の1963年には、2度の完封勝利を含む自己最高のシーズン16勝を挙げ、オールスター戦にも出場した。しかし、1966年からは2軍暮らしに終始し、1967年オフに引退した。シュートが武器。

引退後は元プロ野球選手の荒井健が開発した「鶴ヶ島ゴルフ倶楽部」の支配人になった。

石川陽造の出身高校

石川陽造出身高校
高松商業高校 偏差値 香川県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1022位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1940年11月24日生まれ

石川陽造の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

石川陽造の評判・つぶやき

  • 麒麟淡麗〈生〉

    麒麟淡麗〈生〉 4年前

    石川陽造"

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング