石坂泰三の出身高校

石坂泰三 実業家

石坂 泰三(いしざか たいぞう、明治19年(1886年)6月3日 - 昭和50年(1975年)3月6日)は、昭和時代の財界人、経営者。第一生命保険、東京芝浦電気(現東芝)社長を経て、第2代経済団体連合会(経団連)会長(在任、昭和31年(1956年)2月21日~昭和43年(1968年)5月24日)。経団連会長を「財界総理」というが、それは石坂をもって嚆矢とする。正三位 勲一等。明治19年(1886年)6月3日東京下谷上野に埼玉県出身の質業石坂義雄の三男として生まれる。牛込北町・愛日小学校(現・廃校)時代は、同級に大島浩が、先輩には永田鉄山、歌人の川田順らがいた。小学校5年次に東京都立戸山高等学校 城北中学(のちの府立四中)を受けるも失敗、6年次に、それならもう一段難しい中学を受験しようと決意し、東京府尋常中学、のちの東京府立一中(現・東京都立日比谷高等学校 日比谷高校)を受験、合格した。その後、第一高等学校 (旧制) 旧制一高独法科を経て、明治44年(1911年)東京帝国大学法科独逸法律科を卒業後、逓信省に入省、郵便貯金局書記に任官する。大正2年(1913年)父親の友人、織田一の長女雪子と結婚する。夫人には結婚式当日に始めて会い、一目ぼれしたという。当時としては珍しく一週間の新婚旅行をして周囲を驚かせている。大正3年(1914年)高等官に昇進し、為替貯金局事務官補となる。岡野敬次郎法制局長官の紹介で第一生命保険相互会社の矢野恒太社長に紹介されたのが機縁となり、大正4年(1915年)逓信省を退官し、第一生命に入社し、矢野社長の秘書となる。大正5年(1916年)生命保険事業視察のため欧米諸国を歴訪、翌年9月に帰国する。昭和13年(1938年)第一生命取締役社長に就任する。この年の秋に丸の内に後にGHQの本部ビルとなった、第一生命本社ビルが完成している。こうして、昭和22年(1947年)に辞任するまで、第一生命を中堅から大規模生命保険会社に成長させた。

石坂泰三の出身高校

石坂泰三出身高校
日比谷高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
実業家ランキング
81位 / 412人中 実業家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1886年(明治19年)6月3日生まれ

石坂泰三の関連人物

実業家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

石坂泰三の評判・つぶやき

  • マニマニ

    マニマニ 3年前

    人生はマラソンなんだから、百メートルで一等をもらったってしょうがない。/石坂泰三"
  • 名言集

    名言集 3年前

    伸びるためには、まず縮まることが必要だ。 石坂泰三(東芝元社長)"
  • ビジネスを加速する名言

    ビジネスを加速する名言 3年前

    「会社につとめて、いろんなこと教えてもらうんだから、金払ってもいいくらいだ。」石坂泰三"
  • 自身を持って生きる

    自身を持って生きる 3年前

    石坂泰三】会社につとめて、いろんなこと教えてもらうんだから、金払ってもいいくらいだ。"
  • ネットで参戦するのは誰でも出来るビジネス

    ネットで参戦するのは誰でも出来るビジネス 3年前

    人生はマラソンなんだから、百メートルで一等をもらったってしょうがない石坂泰三"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 33

石坂泰三の関連著書

実業家一覧

実業家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング