石原克哉の出身高校

石原克哉 プロサッカー選手

石原 克哉(いしはら かつや、1978年10月2日 - )はヴァンフォーレ甲府に所属するサッカー選手。

ミスター甲府仲田建二が引退した後、柏好文が入団するまでレギュラーとしては甲府唯一の山梨県出身の生え抜き選手。FWからDFまで幅広く無難にこなし、長年甲府の中心選手としてチームを支えている。

2001年のシーズン開幕直後に加入し、一年目から30試合に出場。この年は2013年時点で甲府がJ2で最下位になった最後の年であり、2010年に藤田健が退団したことで、現在甲府に在籍している選手で唯一最下位を経験している選手となった。

以降もレギュラーに定着し、地元出身選手ということもあり名実ともに甲府の中心となっていく。2005年はJ2リーグ戦、入れ替え戦全試合に出場しチームの初昇格に大きく貢献。

J1初挑戦となった2006年、第2節のジェフユナイテッド市原・千葉戦(千葉2-2甲府、フクダ電子アリーナ)では右サイドからのセンタリングが流れたところを中央に折り返し堀井岳也の得点をアシスト。このゴールは甲府のJ1初ゴールである。またゴールを決めた堀井は同じ山梨県出身で、韮崎高校の先輩でもあり、J1初ゴールが地元で生まれ育った2人によりもたらされたことになった。またこの試合では左サイドからのセンタリングで2得点目もアシストし、甲府にJ1昇格初勝ち点をもたらした。以降も大木武監督時代の代名詞とも言われる4-3-3システムのウイングのポジションで、出場停止を除き全試合に出場し残留に貢献した。

2007年は前年キャプテンを務めていた倉貫一毅の退団によりキャプテンに就任する。自身はJ1での自己最多となる5得点を挙げるもチームはJ2に降格。

2011年は4年ぶりのJ1での戦いとなり、開幕戦は左サイドバックとして出場するも、怪我などもありリーグ戦出場は16試合にとどまった。

2013年、4年目の挑戦となったJ1で、新加入選手や若手の台頭、また自身の衰えもありなかなか出場機会を得られなくなっていたが、8月3日、第19節のセレッソ大阪戦でシーズン初の先発出場。左サイドからのセンタリングで河本明人の決勝点を演出した。それ以降はなかなか出場機会が訪れず10試合の出場にとどまったが、チームが残留を決めた第32節の大分トリニータ戦では途中出場。試合後城福浩監督はこの起用について「残留を決めるときにピッチに立っているべき選手」と考え起用したと語っている。

2014年の初先発となった第4節の横浜F・マリノス戦で決勝点を挙げ、チームのシーズンの初勝利に貢献。その後もシーズンを通して出場機会を得て、最終的に28試合(先発16試合)に出場し3得点を挙げ復活を印象付けるとともに、チームの残留に大きく貢献した。

その他の公式戦

石原克哉の出身高校

石原克哉出身高校
韮崎高校 偏差値 山梨県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
382位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1978年10月2日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング