石井茂雄の出身高校

石井茂雄

石井茂雄 プロ野球選手

石井 茂雄(いしい しげお、1939年5月6日 - )は、岡山県出身の元プロ野球選手(投手)。

1957年8月、勝山高校定時制を中退し、阪急ブレーブスに入団する。入団7年目の1963年に17勝を挙げて先発投手陣の一員となり、梶本隆夫・米田哲也・足立光宏らとともに1960年代の阪急の主力投手として活躍した。1964年には自己最高の28勝をマークするも、小山正明(大毎)が30勝を挙げたため惜しくも最多勝には届かなかった。1967年に最優秀勝率(9勝4敗、.692)のタイトルを獲得、同年からのリーグ3連覇、1971年からの2連覇に貢献する。巨人との日本シリーズでも1968年、1969年の第1戦に先発するが、両試合とも勝敗はつかず(1968年第4戦で救援し敗戦投手)あまり活躍できなかった。

1973年に金銭トレードで太平洋クラブライオンズに移籍。同年は東尾修に次ぐ先発投手として12勝を挙げる。その後も活躍を続けるが、1978年オフに球団は西武に譲渡され、投手陣の再編に伴い自由契約となる。北九州市でスナックを開くが、知人の紹介で1979年に読売ジャイアンツの入団テストを受け、開幕直後に入団。同年限りで現役を引退し、福岡市でスナックを経営する。

投手としては技巧派で、カーブ、スライダー、シンカーと多彩な変化球に超スローボールを時折織り交ぜて打者を翻弄し、長嶋茂雄巨人監督(当時)をして「これがプロのピッチング。芸術品だ」と言わしめたほどである。

またバッティングにも非凡なものがあり、入団当初はウエスタン・リーグの打撃ベスト10に入るほどだった。1965年5月21日の対東映フライヤーズ戦で3二塁打を打ち、4打席目で右中間を破る強打を放つと「1試合4二塁打」の日本記録達成などものともせず全力疾走し、見事に三塁打にしたことがある。

石井茂雄の出身高校

石井茂雄出身高校
勝山高校 偏差値 福井県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2028位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1939年5月6日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング