矢沢正の出身高校

矢沢正

矢沢正 プロ野球選手

矢沢正(やざわ ただし、1948年8月2日 - )は、愛知県出身の元プロ野球選手(捕手)。右投右打。野球解説者やヤクザにもなった。

中京商業高校では3年生の時に加藤英夫(近鉄)とバッテリーを組み、甲子園で春夏連覇を達成。同級生では他に平林二郎(阪急)、伊熊博一(中日)がプロ入りしている。

1966年ドラフト2位で広島カープに指名されるも拒否し、同年のドラフト外にて読売ジャイアンツに入団。

森昌彦、吉田孝司らに次ぐ3番手捕手であったが、堀内恒夫との好相性を買われ、堀内が先発の時はしばしばマスクを被った。森の引退翌年の1975年にはレギュラー捕手として100試合に出場。小柄な体格に似合わない長打力を発揮した。1977年に現役引退。

引退後の翌1978年オフに、江川卓と小林繁のトレードがあり、江川事件の影響でキャンプやオープン戦に参加できない江川のトレーニングパートナーを務めた。しかし、生活が破綻すると関西で暴力団の運転手に転身。組ぐるみの恐喝事件に絡まり、1990年に逮捕。

一時期であるが、日本短波放送で野球解説を務めた。

矢沢正の出身高校

矢沢正出身高校
中京大学附属中京高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1022位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1948年8月2日生まれ

矢沢正の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング