真鍋勝己の出身高校

真鍋勝己

真鍋勝己 プロ野球選手

真鍋 勝己(まなべ かつみ 1968年7月25日 - )は、岡山県倉敷市生まれの元プロ野球選手、セントラル・リーグのプロ野球審判員。岡山県の強豪関西高等学校から1986年ドラフト6位で阪神タイガースに入団。入団時は投手で背番号は57だったが1987年オフに就任した村山実監督の要請で20に変更する。しかし米国留学を果たしたものの一軍出場に至らず1989年に55に降格。さらに肩を痛めて1991年には外野手に転向するがその年限りで引退。結局一軍出場機会がないまま阪神を退団した。引退後セントラル・リーグの関西審判部に入局し審判に転向。審判に転向してから出場機会にめぐまれ2005年終了時点で1033試合に出場し、日本シリーズ・オールスターゲームともに2回出場している。ちなみに同期入局は有隅昭二・佐々木昌信だが出場数はその中でトップであり、早い時期から活躍していることがわかる。

真鍋勝己の出身高校

真鍋勝己出身高校
関西高校 偏差値 岡山県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1309位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1968年7月25日生まれ

真鍋勝己の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング