真田重蔵の出身高校

真田重蔵

真田重蔵 プロ野球選手

真田 重蔵(さなだ じゅうぞう、1923年5月27日 - 1994年5月30日)は、昭和初期から中期(1940年代 - 1950年代前半)のプロ野球選手(投手、内野手)。1948年から1954年までの登録名は真田 重男。和歌山県和歌山市出身。和歌山県立向陽高等学校 海草中(現・向陽高校)では嶋清一の後輩。伝説的な快投で1939年の全国高校野球選手権大会 夏の甲子園大会を制した嶋の後を継ぐエースとなり、1940年の同大会に優勝して2連覇達成に貢献。戦前最後の怪腕と呼ばれた。1943年に松竹ロビンス 朝日に入団。1944年には球団に在籍せず、1946年に松竹ロビンス パシフィックでプロ球界に復帰。速球と懸河の球種 (野球)#変化球 ドロップを武器に1948年9月6日の阪神タイガース 阪神戦でノーヒットノーランを達成。1950年に39勝で最多勝利 最多勝を獲得し、リーグ優勝に大きく貢献した。39勝は現在でもセントラル・リーグ セ・リーグ記録。チーム98勝もセ・リーグ記録。これまでの酷使でヒジを痛め1952年に阪神に移籍。5月7日の広島東洋カープ 広島戦で2回目のノーヒットノーラン。現役晩年は内野手としても出場した。1956年に引退。

真田重蔵の出身高校

真田重蔵出身高校
和歌山県立向陽高校 偏差値 和歌山県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
580位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1923年5月27日生まれ

真田重蔵の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング