眞鍋政義の出身高校

眞鍋政義 スポーツ選手

眞鍋 政義(まなべ まさよし、1963年8月21日 - )は、日本の元男子バレーボール選手(元全日本代表選手)・指導者。現在は、全日本女子チーム監督。

兵庫県姫路市出身。身長188cm。体重87kg。

少年時代は野球選手に憧れ、姫路市立白鷺中学校入学時には野球部に入ろうと考えたが、担任教師の勧めでバレーボールを始める。中学校時代はエーススパイカーとして活躍。大阪商大高校に進学後セッターに転向。1年生からレギュラーセッターとして活躍し、インターハイ優勝に貢献した。

大阪商大進学後は、西日本インカレ・関西リーグ完全優勝(1回生から4回生まですべて優勝)を経験。1985年神戸ユニバーシアードに出場し、同年全日本代表に初選出され、1985年ワールドカップに出場した。

1986年、新日本製鐵に入社。1年目からレギュラーで活躍し新人王を獲得。その後も日本リーグ3連覇・黒鷲旗3連覇など、新日鐵黄金時代に中心選手として貢献。全日本代表としても、1988年のソウル五輪など数多くの国際大会に出場。日本を代表するセッターとして活躍した。

1993年からは新日鐵の選手兼任監督に就任。第3・4回Vリーグでのリーグ連覇に導いた。

1999年、新日鐵を退社。イタリア・セリエA・パレルモに移籍。2000年に帰国し、旭化成に入団。2002年、松下電器へ移籍したのち、2004年、旭化成に復帰した。

2004年、選手を続けながら、社会人特別選抜で大阪体育大学大学院スポーツ科学研究科に入学し、翌2005年、論文「バレーボールのセッターのトス回しについてのゲーム分析的研究」で、修士号取得。

2005年、現役引退。同年、女子の久光製薬スプリングス監督に就任。1シーズン目からVリーグ準優勝となり、黒鷲旗では初優勝をもたらした。

2007年、2006-07プレミアリーグで久光を5シーズンぶりの優勝に導き、自身は高校及び新日鐵の先輩でもある柳本晶一(男子:新日鐵、女子:東洋紡)に次いで2人目の男女チーム優勝監督となった。

2008年12月、全日本女子代表チームの監督に内定(18人の応募者の中から、達川実との2人に絞られ、プレミアリーグ監督会の推薦を受けた眞鍋が選ばれた)。体制発足当初から、指導担当の分野を細分化し、4人のコーチに任せる方式をとった。

2010年11月の世界選手権では、試合中iPadを手にしながら選手に指示 し、自らが掲げる「IDバレー」でチームを采配。日本は3 銅メダルを獲得した(同大会で32年ぶりとなるメダル獲得)。

2012年のロンドン五輪には、相手のデータ分析をかく乱するため、選手12人中10人の背番号を変更して臨んだ。日本は3 銅メダルを獲得した(五輪で28年ぶりとなるメダル獲得)。JVAは五輪後改めて次の全日本監督を公募で決める予定だったが、女子は撤回され、眞鍋への続投要請決定が9月29日に分かった。

同年の10月3日に代表監督再任が正式決定した。眞鍋は「リオデジャネイロオリンピックで金メダルを目指す」と意気込みを語った。

2013年1月、トルコを訪れた際、現地リーグでプレーする木村沙織に、全日本の次期キャプテンを打診し何度も訴えた(木村は決意していた今年度での引退を撤回し3月に受諾)。

同年11月のグラチャンバレー開催直前には、2年前(W杯後)から温存していたという従来にはない新戦術「MB1」(MBを1人に減らしてWSを4人体制にするもの)を試す考えを示した。アジア選手権後の9月下旬からチームで練習してきたという。初戦のロシア戦では、そのMB(大竹里歩)の対角にWSの迫田さおりを起用した。なお、今後のMB起用の展望としては「MB0」も含め、大会が終わって検証することを、開催中の会見で話した。

2014年8月19日、ワールドグランプリのファイナル東京大会前日の会見にて、今大会で初披露した新戦術名を「Hybrid 6(ハイブリッド6)」と発表。「MB1」をさらに進化させ、コート上の6人が複数の役割を担うのを期待して命名したことを解説した。(リベロは別として)セッター以外の5人のスパイカーに関して、従来のWS3人とMB2人という枠組みを撤廃。レセプションなどパスも担当する「パスヒッター」2人、それ以外の「ポイントゲッター」3人に区分して、攻撃力を分散させつつ全体の向上を目指した。同大会では初のメダル(2 銀メダル)を獲得した。9月-10月の世界選手権は7位タイに終わった。

世界で「男子化の波が速いスピードできている」とし、ディフェンス強化を課題の一つに挙げた2015年。ワールドカップではリベロを座安琴希(サーブを受ける時=レセプションとディグ)と佐藤澪(サーブ権のある時=ディグ)で、分担起用した。

監督をする際はカシオの腕時計「G-SHOCK」を愛用してきた。2012年のロンドン五輪では、お揃いの「日の丸カラー」(ベルトが白、文字盤が赤)のものを、選手(背番号とコートネーム入り)・スタッフ(ネーム入り)も携行した。

2013年には、眞鍋が理事を務める「財団法人マナベバレーボール振興会」(姫路市)と市の小学生バレーボール連盟などが連携して、市内の小学生を対象とした「真鍋杯 しろまるひめバレーボール大会」が創設された。2月17日に第1回大会が姫路市立中央体育館で開催された。眞鍋は2011年に「ひめじ観光大使」にも就任している。

眞鍋政義の出身高校

眞鍋政義出身高校
大阪商業大学高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1668位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1963年8月21日生まれ

眞鍋政義の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング