田辺義三の出身高校

田辺義三 プロ野球選手

田辺 義三(たなべ よしぞう、1937年4月12日 - )は、群馬県出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手。

桐生高校では3年生の時に第27回選抜高校野球大会に出場。

今泉喜一郎とのバッテリーで決勝に進出し、坂崎一彦、山本八郎、広島尚保がいた浪華商業高校に4-3でサヨナラ負けとなり準優勝。

第37回高校野球選手権にも出場したが2回戦で並木輝男がいた日大三高校に4-10で敗れた。

1956年に西鉄ライオンズへ入団し、その年に日本シリーズ出場。高卒ルーキー捕手の日本シリーズ出場は、田辺以降2012年の近藤健介(日本ハム)まで56年現れなかった。

その後も1年先輩の和田博実とポジションを争ったが控えに甘んじた。試合前の打撃練習中のボールが後頭部に当たり、言語障害などの後遺症が残ったために、選手生活を断念して1964年限りで引退した。同年12月8日、内村祐之コミッショナーにより、球団から田辺に200万円の補償金(当時の限度額)を支払うよう要請し、球団も同意して田辺に200万円の補償金が支払われた。

田辺義三の出身高校

田辺義三出身高校
桐生高校 偏差値 群馬県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
671位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1937年4月12日生まれ

田辺義三の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング