田宮虎彦の出身高校

田宮虎彦 作家

田宮 虎彦(たみや とらひこ、1911年8月5日-1988年4月9日)は、昭和期の小説家。神戸市に育ち、東京帝国大学文学部国文学科在学中から、同人誌『日暦』に参加し、小説「無花果」などを発表する。1936年、『人民文庫』創刊とともに参加するが、思想統制によりまもなく廃刊。その後、女学校教師などをしながら小説修業を続ける。1947年に『世界文化』に発表した「霧の中」で注目され、小説家生活に入る。精力的に作品を発表し、1951年『絵本』で毎日出版文化賞を受ける。1988年1月に脳梗塞で倒れ、右半身不随になり、同年4月9日、北青山のマンションから投身自殺する。享年77。父は高知市、母は香美郡香宗村(現・香南市)の出身。高知へ帰ることも多く土佐を郷里と意識していた。

田宮虎彦の出身高校

田宮虎彦出身高校
兵庫県立神戸高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
作家ランキング
10位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1911年8月5日生まれ

田宮虎彦の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


田宮虎彦の関連著書

作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング