田之上慶三郎の出身高校

田之上慶三郎 プロ野球選手

田之上 慶三郎(たのうえ けいさぶろう、1971年9月17日 - )は、鹿児島県出身の元プロ野球選手(投手)、プロ野球コーチ。

市立指宿商業高校から1989年に福岡ダイエーホークスにドラフト外入団。1990年には1Aアドバンス級チームだったサリナス・スパーズ(現存しない)に野球留学した。二軍生活が長かったが、1996年に一軍に昇格し、長らく「未完の大器」と称されていた中、1997年にプロ8年目で初勝利。直球の最速は140km/h程度であったが、長身によるリリースポイントの高さ、自ら「ベロンチョカーブ」と名付けた緩いカーブを織り交ぜながらの緩急を用いたピッチングを武器とした。

2000年はダイエーがリーグ優勝を決めた試合で先発し無失点で勝利投手になるなど、ローテーションの谷間の先発・ロングリリーフを中心とした仕事をこなし、後半戦には主軸を任され、若田部健一ら4投手に次ぐ8勝を挙げた。安定感ではこの年5勝を挙げて一軍に定着した斉藤和巳に勝っていたため、日本シリーズ第4戦(10月26日、福岡ドーム)では先発も経験し、敗戦投手にはなったが読売ジャイアンツ(巨人)打線を5回2失点に抑えた。

翌2001年には安定した投球で首脳陣の信頼を勝ち取り、13勝7敗とエース格にのし上がり、最高勝率と最優秀バッテリー賞(城島健司と共に)のタイトルを獲得。年俸も1億円に跳ね上がり、2002年には開幕投手を務めた。

しかしその後は杉内俊哉、和田毅、新垣渚の台頭により登板機会が減り低迷した。2004年は故障のため一軍登板ゼロに終わった。チーム名が「福岡ソフトバンクホークス」に変更された2005年の交流戦中に一軍に復帰、6月5日の巨人戦に先発し好投、実に991日ぶりの先発勝利を挙げた。その後も谷間の先発として9試合に登板し、3勝3敗の成績を残した。2006年も開幕は二軍で迎えたが、6月4日の阪神タイガース戦で初登板。326日ぶりの先発勝利を挙げた。

2007年は吉田修司の移籍により投手最年長、またチームに復帰した小久保裕紀と共にチーム最年長となった。しかし成績が振るわず、10月6日に戦力外通告を受け、10月19日に現役引退を発表。同時にコンディショニング担当コーチ補佐に就任した。なお同日付で任意引退選手として公示されている。11月26日に福岡Yahoo! JAPANドームで行われた「感謝の集い2007」で、同じく戦力外通告を受けていた倉野信次、大野隆治、稲嶺誉らと共に別れのセレモニーに参加した。2008年は二軍コンディショニングコーチ補佐、2009年から2010年まで一軍投手コーチ(ブルペン担当)を務め、前年リーグワーストだった救援防御率を2年連続でリーグ1位に押し上げ、2010年のリーグ優勝に貢献した。2011年から2012年まで二軍投手コーチを務めた。2013年からは北海道日本ハムファイターズの二軍投手コーチを務める。大谷翔平を指導した。2014年10月28日に任期満了につき退団。同年11月8日にソフトバンクの二軍投手コーチに就任。2015年11月3日に一軍投手コーチに就任することが発表された。

田之上慶三郎の出身高校

田之上慶三郎出身高校
佐賀県立商業高校 偏差値 佐賀県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3481位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1971年9月17日生まれ

田之上慶三郎の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング