田中星児の出身高校

田中星児

田中星児 ミュージシャン

田中 星児(たなか せいじ、1947年8月27日 - )は、日本の歌手。奈良県御所市出身。名前は、星の綺麗な夜に生まれた事にちなむ。独身であり、本人はその理由を「『ビューティフル・サンデー』と結婚しました」と語っている。歌手のグッチ裕三は従兄弟である。

作曲家としてのペンネームに「中山 竜」がある。

音楽教師をしていた両親の赴任地である奈良県御所市で出生、小学校3年生の時大阪府大阪市へ転居。幼少から音楽的環境に恵まれていた。

大阪府立阪南高等学校在学中からオーディション番組やのど自慢などに参加し、法政大学文学部在学中には1966年にはTBS『ナショナル10人抜きのど自慢』優勝、1968年にはNHK『NHKのど自慢全国大会』(ポピュラーの部)優勝、シャンソンコンクールで入賞、といった実力を発揮する。

その華やかな経歴や抜群の歌唱力が話題になり、1970年に、NHKの音楽番組『ステージ101』のレギュラーとなり(本番組がデビュー)、翌年には同局の幼児番組『おかあさんといっしょ』の初代うたのおにいさんとなる。

1976年に、「ビューティフル・サンデー」(ダニエル・ブーンのカバー)が80万枚の大ヒット。同年の『第27回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。

現在も子ども向けのコンサートや曲作りなどの活動を続ける傍ら、健聴者とろうあ者が一緒に楽しめる「歌のバリアフリーコンサート」を吉祥谷友歩らと行っている。また鹿児島県を全国にアピールするマキシシングル「Neo KAGOMAGO(ネオ カゴマーゴ)」を世に広めている。

平城遷都1300年祭応援団長に就任。

もともと「ビューティフルサンデー」は「オー・マリヤーナ」(ユーゴスラビアから持ち帰った曲)のB面で、田中は「オー・マリヤーナ」の方に歌手生命をかけており、B面を「ビューティフルサンデー」にした理由もスタッフの勧めで、田中も「これでいいか」程度だったが、皮肉にもビューティフルサンデーの方がヒット、本人もこの曲が好きではなかったと語る。だがビューティフルサンデーを歌うと聞いているお客さんが笑顔になり、元気付けていると考える様になってからは、この曲が大好きになったと語っている。

若い頃のイメージを維持するため、テレビに出演するときは現在はかつらを着用している。あるテレビ番組で一度かつらを外したことがあるが、前頭部分がはげあがっていた。

田中星児の出身高校

田中星児出身高校
阪南高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
ミュージシャンランキング
632位 / 828人中 ミュージシャン別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1947年8月27日生まれ

ミュージシャン偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


ミュージシャン一覧

ミュージシャン偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング