田中幹保の出身高校

田中幹保 監督

田中 幹保(たなか みきやす、1955年3月18日 - )は兵庫県飾磨郡夢前町(現姫路市)出身のバレーボール選手・監督。兵庫県立姫路東高等学校から1973年に堺ブレイザーズ 新日鐵に入社。強烈なスパイクを武器に1年目からレギュラーとして活躍、同年の都市対抗全日本選手権大会(現黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会)ではチームのベスト4進出の原動力となる。さらに同年18歳で全日本に選出され、以後オリンピックに2回(モントリオールオリンピック モントリオール・ロサンゼルスオリンピック (1984年) ロサンゼルス)、バレーボールワールドカップ ワールドカップには3回出場。特に1977年のワールドカップ東京大会では銀メダルを獲得。一方、Vリーグ (日本) 日本リーグでも新日鉄の11回のリーグ優勝に大きく貢献し、最優秀選手を7回・スパイク賞を4回獲得。1986年には監督も兼任し、1989年 1989~1991年 91年には監督・選手としてリーグ3連覇を成し遂げた。1991年に引退し、1993年 1993~1994年 94年にはアメリカ・イタリアにコーチ留学。その後全日本ジュニアの監督を経て、2000年10月から寺廻太の後任として全日本男子代表監督に就任。バルセロナオリンピック バルセロナ大会以来のオリンピック出場を目指したが、2004年のアテネオリンピック世界最終予選で敗れ、悲願を果たすことは出来なかった。同大会終了後に監督の座を退き、現在は堺ブレイザーズ副部長。

田中幹保の出身高校

田中幹保出身高校
姫路東高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
監督ランキング
36位 / 104人中 監督別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1955年3月18日生まれ

田中幹保の関連人物

監督偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

田中幹保の評判・つぶやき

  • QMAスポスロbotその1です。 4年前

    現役時代は新日鉄で活躍した男子バレーボール選手で2000年から2004年まで男子全日本代表の監督を務めたのは?→田中幹保(正解率13%)"

監督一覧

監督偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング