玉造陽二の出身高校

玉造陽二 プロ野球選手

玉造 陽二(たまつくり ようじ、1936年8月17日 - )は、茨城県水戸市出身のプロ野球選手(外野手)。茨城県立水戸第一高等学校 水戸一高から1955年西武ライオンズ 西鉄ライオンズに入団。俊足巧打の外野手として活躍、特に流し打ちの巧さには定評があった。西鉄黄金時代を支えた名脇役の一人で、1956年の読売ジャイアンツとの1956年の日本シリーズ 日本シリーズ第3戦では、1試合3盗塁のシリーズ記録をマークしている。1967年に引退、その後は実業家として活躍している。 投打 左/左 出身地 茨城県 球歴・入団経緯 水戸一高 - 西鉄ライオンズ(1955~67年) 試合 1645 打数 4873 得点 574 安打 1282

玉造陽二の出身高校

玉造陽二出身高校
水戸第一高校 偏差値 茨城県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
138位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1936年8月17日生まれ

玉造陽二の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング