狩野舞子の出身高校

狩野舞子 スポーツ選手

狩野 舞子(かのう まいこ、女性、1988年7月15日 - )は、日本の元バレーボール選手。東京都三鷹市出身。ニックネームはマイコ。マネジメント契約先はスポーツビズ。

父親は中央大学から実業団で活躍した名選手、母親は八王子実践高校から東京女子体育大学で活躍した選手、次姉の狩野美雪がバレーボール選手というバレーボール一家で育ち、小学校4年生の時に三鷹市の大沢スポーツクラブでバレーボールを始める。幼稚園の頃から頭一つ大きく、小学6年生の時には既に身長が174cmあった。

八王子実践中時代には、全国都道府県対抗中学バレーボール大会の東京都代表に選ばれ、中学3年生でアテネオリンピック全日本代表候補18人の中の一人に選ばれた(中学生が選ばれたのは中田久美以来24年ぶり)。しかし、成長期であるこの頃から、骨の成長に背中の筋肉の発達が追いつかないことが原因である腰痛に苦しむことになり、結局アテネオリンピックの代表になることはできなかった。八王子実践高校に進学後、1年生エースとして春高バレー等で活躍、2年生からはキャプテンとして常に腰痛と戦いながらチームを率いた。

2007年に美雪が所属する久光製薬スプリングスに入団。2007/08プレミアリーグでは開幕戦スタメンデビューを果たしたが、2008年2月23日の日立佐和戦で右アキレス腱断裂のケガを負い、2008年度全日本代表候補入りはできなかった。2009年4月、全日本女子代表メンバーに登録された。

2010年1月20日、左アキレス腱を断裂。7月に久光製薬を退団し、怪我の治療に専念することになる。同年8月30日、スポーツビズとマネジメント契約を締結。9月、全日本代表に追加選出された。

2010年11月11日、イタリア1部リーグ・セリエA1「パヴィーア」に入団し、同月27日の開幕戦でセリエA1デビューを果たした。

2011年6月のモントルーバレーマスターズで2年ぶりに全日本に復帰し、同大会で日本の初優勝に貢献。同年10月、トルコリーグのベシクタシュに移籍した。

2012年6月、ロンドンオリンピックの代表メンバーに選出された。本大会で全日本女子は28年ぶりの銅メダルを獲得したが、狩野舞子自身の大会通算総得点は3点、スパイク効果率-27%に終わった。同月末、契約満了のためベシクタシュを退団。

2012年9月15日、2年振りとなる久光製薬への復帰とセッターへのポジション転向が発表された[7]。

2015年6月30日、久光製薬は狩野の引退を発表した[8]。

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[9]。

2 中道瞳 | 3 竹下佳江 | 6 佐野優子 | 7 山口舞 | 10 岩坂名奈 | 11 荒木絵里香 | 12 木村沙織 | 13 新鍋理沙 | 14 江畑幸子 | 15 狩野舞子 | 16 迫田さおり | 17 平井香菜子 |

2 中道瞳 | 3 竹下佳江 | 4 山口舞 | 5 荒木絵里香 | 7 井上香織 | 8 狩野舞子 | 10 佐野優子 | 11 大友愛 | 12 新鍋理沙 | 14 迫田さおり | 16 江畑幸子 | 18 木村沙織 |

狩野舞子の出身高校

狩野舞子出身高校
八王子実践高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1053位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
女性
血液型
A型

狩野舞子の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング