片貝義明の出身高校

片貝義明 プロ野球選手

片貝 義明(かたがい よしあき、1951年9月27日 - )は、群馬県出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手。

前橋工業高校では1968年、2年生の時にチームが夏の甲子園に出場するが、片貝の出番はなかった。1969年の夏は正捕手として北関東大会準決勝に進出する。しかし宇都宮学園に敗れ、甲子園出場はならなかった。高校同期に佐野仙好三塁手、柚木秀夫投手がいた。卒業後は日本石油に進み、1971年から都市対抗野球大会に2年連続出場。

1972年ドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受け入団。しかし当時の中日捕手陣は木俣達彦、新宅洋志と実力者が揃っており、出場機会はほとんどなく、1980年限りで引退。

引退後は、スコアラー、二軍コーチと一軍コーチを経て、再びスコアラーになり、2005年から2008年までは動作解析担当を務めていた。営業部職員を経て退団し、2015年4月より社会人野球・矢場とんブースターズ部長兼コーチ。

片貝義明の出身高校

片貝義明出身高校
前橋工業高校 偏差値 群馬県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2732位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1951年9月27日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング