熊田康則の出身高校

熊田康則 スポーツ選手

熊田 康則(くまだ やすのり、1963年3月18日 - )は日本の元バレーボール選手、指導者。神奈川県出身。

横浜市立末吉中で当初野球部に所属するが、2年次にバレーボール部に転部。法政二高に進学し、2年までセッターを務めたが3年からアタッカーに転向。 高校3年で全日本に呼ばれ、法政大学に進学し4年次には大学主要タイトル4冠を達成。

1985年、大学卒業とともに富士フイルム入社。1年目から日本リーグでの21試合全勝優勝を経験するなど富士フイルム黄金時代を支え、同チームの主将も務めた。川合俊一(中学からの顔見知り)、井上謙(高2の練習試合で出会う)と共に、「バレーボール界のビッグ3」と言われ、大砲として日本バレーボール界をリード。第13回ユニバーシアード大会(1985年)で金メダルを獲得。1988年ソウル五輪出場。

1987年には第1回ビーチバレージャパンに富士フイルムのチームメイトで後に日本ビーチバレーボール連盟会長となる川合俊一とのペアで参加し、初代王者として名を刻んだ。同大会では1991年の第5回大会でも優勝。また、ビーチバレーが国体に初採用された1997年なみはや国体でも優勝を果たした。

富士フイルムでは1992年からコーチ兼任となり、1994年度を最後に現役引退し社業に専念。バレーボール指導者として、1999年に神奈川県の小学生バレーボールクラブチーム・大和ベアーズのコーチに就任、2000年に同クラブ監督に就任。2002年全日本小学生大会で、全国大会初勝利を挙げる。 高校バレーの強豪である八王子実践中学校・高等学校バレー部コーチとしても指導した。 大和ベアーズは2010年に座間ハンドタイガースと合併し SAMURAI Legend(女子:タイガース / 男子:ベアーズ)と改組、同クラブチーム総監督に就任。

2014年8月、博多ジュニアバレーボールクラブのスーパーアドバイザーに就任。

娘の熊田美愛もビーチバレー選手。

1 笠間裕治 | 2 下村英士 | 3 熊田康則 | 4 三橋栄三郎 | 5 奥野浩昭 | 6 米山一朋 | 7 田中直樹 | 9 杉本公雄 | 10 井上謙 | 11 海藤正樹 | 12 川合俊一 | 13 眞鍋政義 |

1 笠間裕治 | 2 岩島章博 | 3 熊田康則 | 4 三橋栄三郎 | 5 眞鍋政義 | 6 古川靖志 | 7 田中直樹 | 8 田中幹保 | 9 杉本公雄 | 10 井上謙 | 12 川合俊一 | 15 原秀治 |

1 笠間裕治 | 2 岩島章博 | 3 熊田康則 | 4 三橋栄三郎 | 5 眞鍋政義 | 6 米山一朋 | 7 蔭山弘道 | 8 原秀治 | 9 杉本公雄 | 10 井上謙 | 11 海藤正樹 | 12 川合俊一 |

熊田康則の出身高校

熊田康則出身高校
法政大学第二高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
161位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1963年3月18日生まれ

熊田康則の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング