灘尾弘吉の出身高校

灘尾弘吉 議員

灘尾 弘吉(なだお ひろきち 明治32年(1899年)12月21日 - 平成6年(1994年)1月22日)は、昭和時代の官僚、政治家。第60代・第61代衆議院議長(在任期間 昭和54年(1979年)2月1日 - 昭和55年(1980年)5月19日)。明治32年12月21日広島県佐伯郡大柿町(現・江田島市)に生まれる。灘尾家は農業の傍ら、木綿の製造・醤油醸造を営む旧家であった。父の灘尾夫子俟(なだお ふじまつ)は、早稲田大学の講義録で独学した後、政治に興味を持ち、地元で村会議員、町会議員、村長をつとめた。灘尾は、折り紙付きの秀才で、小、中学校では、まれに見る神童と呼ばれ、旧制第一高等学校 (旧制) 一高、東京帝国大学法学部を首席で卒業した。一高時代は、皇太子裕仁親王(のちの昭和天皇)がヨーロッパ訪問の際、一高校旗の旗手を務め見送りの学生の先頭に立った。

灘尾弘吉の出身高校

灘尾弘吉出身高校
広島国泰寺高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
議員ランキング
620位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1899年(明治32年)12月21日生まれ

灘尾弘吉の関連人物

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング