瀬戸山三男の出身高校 議員

瀬戸山 三男(せとやま みつお、男性、1904年1月7日 - 1997年6月23日)は、昭和期の政治家。元建設大臣・法務大臣・文部大臣。熊本県天草郡下津浦村(現・天草市)に、村収入役を務めた河内寿松の三男として生まれる。熊本通信生養成所を卒業後、天草の郵便局での電信技術者、下津浦村書記を経て、向学心に燃え勇躍上京。苦学しながら開成中学校・高等学校 開成中学校夜間部、さらに明治大学法学部に進み、1932年卒業。司法省に入り、岡山・山口等の各地裁判事を歴任する。また判事時代、宮崎県都城市の金物商瀬戸山徳蔵の一人娘香代と結婚、瀬戸山家の養子となる。戦後、当時の都城市長森迫熊市の要請により、都城市助役となる。その後同市市長を経て、1949年第24回衆議院議員総選挙に日本自由党公認で旧宮崎2区から立候補し当選。以後当選11回。政界入り当初は広川弘禅に近かったが、やがて佐藤栄作の派閥に入る。1965年第1次佐藤内閣第1次改造内閣に建設大臣として初入閣し、全長7600kmの高速道路を建設することを定めた国土開発幹線自動車道 国土開発幹線自動車道建設法の制定に尽力した。

瀬戸山三男の出身高校

瀬戸山三男出身高校
開成高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
議員ランキング
1位 / 人中 議員別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1904年1月7日生まれ

瀬戸山三男の関連人物

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

瀬戸山三男の評判・つぶやき

  • だんぶり長者

    だんぶり長者 10ヶ月前

    瀬戸山三男 "
  • 366日相互フォロー@1月7日

    366日相互フォロー@1月7日 1年前

    1904年1月7日 瀬戸山 三男 (せとやま・みつお) 【政治家】 〔熊本県〕 #誕生日"
  • 自民党戦国史bot

    自民党戦国史bot 2年前

    「言語が不明瞭で意味が明確だったのは…瀬戸山三男さんだ。…質問があると、ボサっとして出ていって、何を言ってるかわからんのですわ(笑)ところがよく聞いているとピシっとした答弁ができてしまう。…しょっちゅう竹下さんに言うんだけれどね。そう言うとニヤニヤしながら聞いていて」―後藤田正晴"
  • 過去の出来事

    過去の出来事 2年前

    総理:中曽根康弘法務:秦野章外務:安倍晋太郎大蔵:竹下登文部:瀬戸山三男厚生:林義郎農林水産:金子岩三通商産業:山中貞則運輸:長谷川峻郵政:桧垣徳太郎労働:"

瀬戸山三男の関連著書

議員一覧

議員偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)

高校偏差値ランキング
大学偏差値ランキング
企業年収ランキング


お問い合わせ 2017-2017 高校偏差値ナビ © All rights reserved.