澤岻直人の出身高校

澤岻直人 スポーツ選手

澤岻 直人(たくし なおと、1981年10月13日 - )は、沖縄県出身のプロバスケットボール選手である。ポジションはポイントガード。

2004年、アイシンシーホースに入団し、その年のオールジャパン優勝に貢献した。またbjリーグの琉球ゴールデンキングスでも2008-09シーズンの優勝に貢献。2007-08シーズンと2008-09シーズンの2度、ベストファイブにも選ばれている。

プロバスケットボール選手であった澤岻安史は実兄。

沖縄県沖縄市に生まれる。小学校では水泳をしていて、背泳ぎで九州大会で優勝経験がある。沖縄市立コザ中学校入学と同時にバスケットボールを始め、全国大会ベスト8、ジュニアオールスター3位になる。北中城高校3年次にはインターハイベスト16、ウィンターカップベスト8となる。法政大学進学後も1年次から板倉令奈と共に主力として活躍し関東リーグ1部昇格に貢献。2・3年と2年連続で3P王、得点王の2冠を獲得。4年次にはインカレ4位となりベスト5・アシストランキング1位・MIP賞を獲得した。

卒業後の2004年、アイシンシーホースに入団。1年目よりオールジャパン優勝に貢献。2006年に日本初の合同トライアウト「トライアウトジャパン2006」のテストに合格。CBAのベテランズキャンプ出場の権利を得たが辞退し、サマーリーグに参加。

2007年、bjリーグに地元より琉球ゴールデンキングスが参加するに当たりトライアウトを受験。そして全体1位指名となるドラフト1巡目指名を受け入団。背番号は本人の希望により一般公募で1に決定された。2007年12月度にはサークルKサンクス月間MVPを日本人として初めて獲得した。

2009年6月15日、2009-2010シーズンより参戦する京都ハンナリーズに対するエクスパンションドラフトで京都より指名され、8月16日契約に合意し、正式に京都へ移籍した。

2010-2011シーズンより新潟アルビレックスBBに移籍。2011年、大分ヒートデビルズに移籍。しかし2012年12月に大分の運営会社の経営が行き詰まり、澤岻含め選手全員の契約が解除される。大部分の選手はヒートデビルズの経営を引き継いだ一般社団法人と契約を結ぶ中、澤岻はストレスから体調を崩して休養を余儀無くされ、契約を結ばず、一時試合から遠ざかった。その後、2013年2月に大分と契約した上で、岩手ビッグブルズにトレードされた。岩手では3月30日の試合より先発出場を続け、チームを率いる桶谷大からも高く評価された。結局このシーズンの岩手はプレーオフファーストラウンドで敗れ、澤岻と岩手との契約もこのシーズン限りとなった。

2013-14シーズンは大阪エヴェッサと契約し、1シーズン在籍。2014年11月7日、大分ヒートデビルズと選手契約締結。

1 澤岻直人(ベスト5) | 2 澤岻安史 | 5 アンソニー・マクヘンリー | 6 金城茂之(MIP) | 10 友利健哉 | 11 山城吉超 | 13 菅原洋介 | 32 ブライアン・シンプソン | 33 青木勇人 | 40 クリス・エアー | 50 ジェフ・ニュートン(レギュラー&プレイオフMVP・ベスト5) | コーチ:桶谷大(最優秀コーチ)

澤岻直人の出身高校

澤岻直人出身高校
北中城高校 偏差値 沖縄県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
2206位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1981年10月13日生まれ

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング