溜池敏隆の出身高校

溜池敏隆 プロ野球選手

溜池 敏隆(ためいけ としたか、1944年4月18日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手。主なポジションは三塁手。

興國商業高校では、1962年に遊撃手、三番打者として夏の甲子園大阪府予選決勝に進出するが、戸田善紀投手、中塚政幸一塁手のいたPL学園に敗れる。高校同期に田中辰次右翼手がいる。

卒業後は立教大学へ進学。2年生からレギュラー三塁手となり、その後外野手に転向。東京六大学リーグでは、1966年春季リーグで優勝。大学同期に若月宏之(全大丸)、石川洵(鐘紡)両投手、村上公康(中退)、槌田誠両捕手がいた。大学卒業後は日本熱学へ入社。1968年には三塁手としてクリーンナップを打ち、通算打率3割5分、本塁打13本。同年の都市対抗にも出場するが、1回戦でリッカーミシンの吉村典男投手に抑えられ敗退。

1968年ドラフト会議でサンケイアトムズから2位指名を受け入団。1969年にはジュニアオールスターにも出場し本塁打を放つ。俊足の大型内野手で城戸則文の後継を期待され、1970年には三塁手として39試合に先発出場。しかし打撃面で伸び悩みレギュラーは奪えなかった。

1971年には自己最多の78試合に出場するが、荒川堯が入団したこともあり、同年オフに山田勝国とのトレードで近鉄バファローズへ移籍。ここではあまり出場機会がなく、1974年限りで引退した。

東京六大学1964年春季リーグ慶立2回戦で、慶大の渡辺泰輔投手がリーグ初の完全試合を記録した際の立大の三塁手である。

溜池敏隆の出身高校

溜池敏隆出身高校
興國高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3906位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1944年4月18日生まれ

溜池敏隆の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング