湯上谷ひろ志の出身高校

出身高校
星稜高校 偏差値
石川県高校偏差値ランキング
プロ野球選手
ランキング
414位/4489人中(プロ野球選手)
性別
男性
プロ野球選手別偏差値ランキングを見る

湯上谷 竑志(ゆがみだに ひろし、本名:湯上谷 宏(読み同じ)、1966年5月3日 - )は、富山県出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。愛称はガメ、ガメやん。

星稜高校では甲子園に4回出場。1年生の1982年夏の選手権は控え選手、2回戦(初戦)で早稲田実の荒木大輔に抑えられ大敗。2年生から遊撃手のレギュラーとなる。1983年春の選抜では、1回戦で井上真二らのいた熊本工を降すが、2回戦で横浜商の三浦将明に完封を喫する。翌1984年春の選抜も1回戦で佐世保実のエース吉田直喜に完封負け。同年夏の選手権でも1回戦で別府商に9回サヨナラ負け。1年下のチームメートに三塁手の鈴木望がいた。

1984年、ドラフト2位で南海ホークスに入団。背番号は入団時14、1988年は7、1989年以降は6。俊足を生かした広い守備範囲が特徴で、内外野どのポジションでもこなせるユーティリティプレイヤーだった(二塁648試合、遊撃230試合、三塁175試合、一塁2試合、外野54試合)。入団後数年はスイッチヒッターだった。1987年オフには南海球団は「来季から湯上谷、立浪のフレッシュ二遊間で売り出す」と球団を挙げて公言するなど、当時PL学園高校の主将であった立浪和義の獲得と湯上谷・立浪の若手コンビによる二遊間形成を目論んだが、結局立浪は同年のドラフトで中日ドラゴンズにさらわれた形となり、この構想は幻に終わった。1989年は前年秋季キャンプ中の右脛骨の骨折、その手術・リハビリが長引き一軍不出場に終わったが、復帰した1990年からは3年連続で全試合出場を果たす。1994年から登録名を「湯上谷 竑志」としている。2000年に現役引退。

1990年頃から藤本博史・小川史・森脇浩司との4人(4人とも名前読みが『ひろし』)で内野を守ることがたびたびあった。

引退を決めたのは日本シリーズの後である。日本シリーズ第5戦で怪我をした小久保裕紀に代わり第6戦でサードを守っていたが、巨人の清原和博が打ったサードゴロを一塁手の遥か上にいく悪送球をしたことから、自分のプレーが出来なくなったと引退会見で理由を語った。

現役引退後はフロント入りし、営業を担当。一時福岡ドーム企画営業部に出向し、「元ダイエー・湯上谷がプランニングした観戦ツアー」なるパッケージツアーが企画・販売されたこともあった。2005年から2007年までソフトバンク育成担当コーチ。

2008年は再びフロントに戻り、野球振興部課長代理を経て、企画室ディレクターを務めた。2009年からはソフトバンク一軍内野守備走塁コーチ補佐に就任し、2010年は一軍内野守備走塁コーチ、2011年は二軍内野守備走塁コーチを務めた。2012年からは西戸崎合宿所の寮長を務める。2013年11月7日退団。

退団後の2014年にはアメリカ・サンディエゴへ語学留学することが報じられた。

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング