渡辺長武の出身高校

渡辺長武 スポーツ選手

渡辺 長武(わたなべ おさむ、1940年10月21日 - )は、日本のレスリング選手。1964年東京オリンピックレスリングフリースタイルフェザー級金メダリスト。北海道和寒町出身。

日本レスリング史上最強と言われる選手。北海道士別高等学校から中央大学に進学。1961年ソ連・欧州遠征の全勝を皮切りに、1962年の全米オープン選手権、世界選手権、アジア大会、1963年の日ソ対抗戦、世界選手権、マンチェスター国際大会、1964年のソ連・東欧遠征と無敗の快進撃を続けた。

その強さを“アニマル”、技の正確さを“スイス・ウォッチ”と評され、1964年東京オリンピックでの金メダル獲得は間違いなしといわれた。このプレッシャーにもめげず、全試合フォール勝ちで見事に金メダルを獲得。世界選手権と合わせ3年連続世界一の偉業を達成した。この間にマークした「186連勝」はギネスブックに掲載された。

大学卒業後は電通に就職し、20年勤務して退職。

電通時代の1970年の全日本社会人選手権で1勝。電通退社後の1987年の同大会では24年ぶりとなるソウルオリンピックへの出場を賭けて復帰し2回戦まで勝ち上がったが3回戦で敗れ、ここで連勝記録は「189」で止まった。

この189連勝については、詳細な記録の残らない海外での試合も多く割り引いて評価する向きもあるが、オリンピックをはじめとする大きな大会でことごとく勝利を収めていることから、日本でも歴代屈指の強豪選手であったことは間違いない。

ソウルオリンピック時の現役復帰後もレスリングを続けており、2003年にはマスターズレスリング世界選手権で優勝している。

2004年、「スポーツ振興」の分野で紫綬褒章を受章。

1995年の第17回参議院議員通常選挙にさわやか新党の候補として比例区から出馬している。

2010年、苫小牧市長選挙への立候補を表明するも、のちに出馬を断念した。

2013年2月、レスリングが2020年夏季オリンピックからの除外競技候補となったことについて、取材で「現役時代は、まさに命がけだった。五輪競技から外れてしまったら、命を取られるような思いだ」と述べ、存続に向けて取り組む意向を示した。

フリースタイル・フェザー級

1960年 - 優勝、1961年 - 優勝、1962年 - 優勝、1963年 - 優勝、1964年 - 優勝

1962年 - 優勝、1963年 - 優勝

1964年東京オリンピック - 優勝

渡辺長武の出身高校

渡辺長武出身高校
士別高校 偏差値 北海道高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1732位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
生年月日
1940年10月21日生まれ

渡辺長武の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング