清瀬一郎の出身高校

清瀬一郎 議員

清瀬一郎出身高校
姫路西高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
議員ランキング
310位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1884年7月5日生まれ

清瀬 一郎(きよせ いちろう、1884年7月5日 - 1967年6月27日)は兵庫県飾磨郡夢前町(現、姫路市)出身の弁護士、政治家、学位と称号 法学博士である。東京弁護士会会長。位階 従二位勲一等旭日桐花大綬章。弁護士としては小作争議裁判や思想事件等を手がけ、政界入りしてからも普通選挙運動を推進したり治安維持法に反対するなどリベラルな政治家として知られてきたが、1930年代以降親軍派に転向。極東国際軍事裁判では東條英機元首相の主任弁護人を務めたことでも知られる。戦前の親軍転向を理由にGHQから公職追放された。追放解除後も憲法改正を主張するなど典型的な戦前派政治家と目されたが、清廉さを身上とするが故に政界復帰後は三木武夫と行動をともにし、衆議院議長に就任した際も「公平さを期するため」と党籍を離脱した。当時は議長・副議長の党籍離脱は慣例化しておらず、清瀬の党籍離脱は異例ともいえる。衆議院議長としては、教育委員の準公選制を任命制にしたことや、日米安全保障条約の強行採決の敢行などが挙げられる。余談だが、日米安保強行採決時に清瀬議長を護衛役として突進した金丸信によって、右足首を負傷・骨折。「黒い霧事件 (政界) 黒い霧事件」など政界の汚職事件については、自民党綱紀粛正調査会会長に就任し調査、粛党答申をまとめ政界浄化を訴えた。

清瀬一郎の関連人物

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

議員偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング