深澤弘の出身高校

深澤弘

深澤弘 アナウンサー

深澤 弘(ふかさわ ひろし、1936年1月2日 - )は、神奈川県川崎市出身の新潟県民エフエム放送東京支社長、アナウンサー、スポーツコメンテーター。

高輪高等学校を経て早稲田大学卒業。1958年東北放送にアナウンサーとして入社し、1964年ニッポン放送へ移籍。プロ野球中継は1990年代にかけて1600試合以上実況アナウンスを担当した他、各種スポーツ中継(中央競馬、ボクシングなど)にも多数出演した。

1994年3月を持ってニッポン放送を退社した後フリーになり、ディレクTV(取締役でもあった)、スカイパーフェクTV!、テレビ神奈川でプロ野球中継の実況・コメンテーターに携わりながら、長嶋茂雄との交流を描いた著書「わが友長嶋茂雄」執筆や講演会、FM PORT東京支社長、大正大学教授としても活躍している。2007年からは、大山のぶ代が校長を務める音響芸術専門学校(東京・港区)の講師も務めている。

長らく野球中継アナの第一人者として活躍し、「天皇」の異名も取る。特徴としては、誰もが打った瞬間にわかる(たとえば東京ドーム外野席上の広告を直撃するような)大ホームランが飛び出た時でも「あるいはホームランか?」と「疑問型」でしゃべること。ただし現在では、そのような演出は少なくなり、素直に「これはホームランでしょう!」ということが多い。

2009年7月15日放送のニッポン放送ショウアップナイター・ヤクルト対巨人戦(神宮球場)で久しぶりのラジオ実況を務めた。この日はニッポン放送の開局55周年記念日であり、中継で使われたジングル(得点を取ったときやホームランが出たときに流れるBGM)も1970年代から1980年代前半に使われていたものが復活した(解説は関根潤三)。

2014年8月30日放送のニッポン放送ショウアップナイター・DeNA対巨人戦(横浜スタジアム)でラジオ実況を務めた。この日は、スペシャルウィーク(聴取率調査週間)で、ニッポン放送の開局60周年レジェンドリレー実況中継と銘打ち、一回から三回は、現役の松本秀夫アナ、四回、五回が深澤アナ、六回、七回が高嶋秀武アナとリレー実況中継を行った。

現在、毎日放送のアナウンサーである馬野雅行は深澤の実況を聞き、アナウンサーになる決意をした。

深澤弘の出身高校

深澤弘出身高校
高輪高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
アナウンサーランキング
1447位 / 1802人中 アナウンサー別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1936年1月2日生まれ

アナウンサー偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


アナウンサー一覧

アナウンサー偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング