浜口陽三の出身高校

浜口陽三 芸術家

浜口 陽三(はまぐち ようぞう、1909年(明治42年)- 2000年(平成12年)12月25日)は、日本の版画家。版画#凹版画 銅版画の一種である版画#メゾチント(直接法) メゾチントを復興し、カラーメゾチント技法の開拓者として国際的に評価が高い。浜口は1909年(明治42年)、和歌山県に生まれた。浜口家は代々「儀兵衛」を名乗るヤマサ醤油の創業家であり、陽三は10代目浜口儀兵衛の三男にあたる。また、陽三の妻である南桂子も版画家である。浜口は東京美術学校(現・東京藝術大学)では彫刻を専攻したが、2年で退学しパリへ渡航した。パリ滞在中の1937年(昭和12年)頃からドライポイント(銅板に直接針で図柄を描く、銅版画技法の一種)の制作を試み、版画家への一歩を記しはじめた。戦時色の濃くなるなか、1939年(昭和14年)に日本に帰国。自由美術家協会に創立会員として参加するが、戦時下にはなかなか作品発表の場がなかった。1942年(昭和17年)には経済視察団の通訳として仏領インドシナ(ベトナム)に渡航し、1945年(昭和20年)帰国している。

浜口陽三の出身高校

浜口陽三出身高校
京華高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
芸術家ランキング
141位 / 327人中 芸術家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1909年4月5日生まれ

浜口陽三の関連人物

芸術家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

浜口陽三の評判・つぶやき

  • MAISON MILBOOKS

    MAISON MILBOOKS 3年前

    ボヌール: 富山県高岡市に出まれ、浜口陽三との出会いをきっかけに銅版画を始め、1953年に渡仏し、版画家フリードランデルの版画研究所で本格的に銅版画を学び、以後、版画の制作活動の場を国際的に広げ… sold: "
  • 中央WEB

    中央WEB 3年前

    【開催中】「浜口陽三展 赤と黒・色彩の引力」本展覧会では赤と黒が印象的な「14のさくらんぼ」や「西瓜」をはじめ色彩の魅力を味わえる作品、約60点を展示いたします。2/7(日)~5/8(日) ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション"
  • emi jinguji

    emi jinguji 3年前

    お昼時にミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションへ。 銅版画家浜口陽三氏の作品群。黒が美しい。単調な黒1色でなく他の色に重ねたり濃淡があったり思わせぶりなニュアンスがいい。醤油アイスも美味♥ "
  • yasuhiro

    yasuhiro 3年前

    浜口陽三は理解できません"
  • 8

    8 3年前

    青いぶどう浜口陽三和歌山"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 

浜口陽三の関連著書

芸術家一覧

芸術家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング