浜中祥和の出身高校

浜中祥和

浜中祥和 プロ野球選手

浜中 祥和(はまなか よしかず、1938年1月14日 - )は、福井県出身の元プロ野球選手(内野手)。右投げ右打ち。

若狭高校では、同期のエース松井武雄を擁し1955年春夏の甲子園に連続出場。春の選抜では準々決勝に進むが、県尼崎高の今津光男投手に完封を喫する。夏の選手権は、2回戦で立命館の富永格郎投手に抑えられ敗退。

卒業後は立教大学へ進学。長嶋茂雄の2年後輩に当たり、東京六大学野球リーグでは5回優勝。1957年、1958年に全日本大学野球選手権大会連続優勝。リーグ通算37試合出場、126打数33安打、打率.262。1959年の春季・秋季リーグで2季連続ベストナイン受賞。大学同期に森滝義巳投手、種茂雅之捕手、高林恒夫外野手がいる。大学時代は身長160cmと在籍選手中で最も小柄ながら俊足巧打の遊撃手で、打撃もベストテンの常連、大学全日本メンバーにも選ばれている。

1959年、大学4年生の時、打撃練習中にボールが頭部左目の上部を直撃。左目の眼球が動かなくなり、連日失神するほどの痛みに耐えながら眼球注射を打ち、何とか復帰した。しかしプロ入り後も左目の眼球が左斜め上に動かない後遺症が残り、左斜め上の捕球だけは目で追うのではなく顔をボールに向けて守備をした。

1960年に当時の大洋ホエールズに入団。春の明石キャンプでは、三原脩監督の話題作りの一環で、テスト生として参加していた身長202cmの馬場正平と相部屋になる。馬場のスパイクの幅は15cmあり、浜中の両足が入ってしまったという。学生時代の負傷の後遺症や非力さがたたってプロ野球では全く打てなかったが、代走・遊撃手の控えとして1年目から1軍に定着。94試合に出場して12盗塁を記録するなど大洋初優勝に貢献。打撃の麻生実男と守備・走塁の浜中の組み合わせは、三原魔術に無くてはならない存在だった。

1965年に中日ドラゴンズに移籍して3シーズンプレーして、1967年に引退。代走・守備固めの起用が多く、通算589試合出場で打数は395と、打数より試合数のほうが上回っていた。

引退後は兵庫県尼崎市でレストラン「わかさ」を経営した。

浜中祥和の出身高校

浜中祥和出身高校
若狭高校 偏差値 福井県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
927位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1938年1月14日生まれ

浜中祥和の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


浜中祥和の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング