河野満の出身高校

河野満 スポーツ選手

河野 満(こうの みつる 1946年8月13日- )は、日本の元卓球選手。1977年開催の第34回世界卓球選手権バーミンガム大会で優勝した、元世界チャンピオンでもある。青森県十和田市出身。

現在は青森大学卓球部監督。

青森県十和田市の運動具店に生まれた。

青森商業高校時代、全日本卓球選手権ジュニアの部で優勝。

専修大学3年次の1967年に開催された第29回世界卓球選手権ストックホルム大会にて、世界選手権初出場。男子シングルス決勝戦に進出し、長谷川信彦と対戦する。中盤までリードを保つものの逆転負けを喫し、準優勝に終わった。

大学卒業後は、ゆっくり練習できる職場を求めて、出版社、運動具メーカーなどを経て、青森県教育委員会保健体育課の技術指導員になった。

1975年の第33回世界卓球選手権カルカッタ大会では、イストバン・ヨニエルに準決勝で敗れた。1977年の第34回世界卓球選手権バーミンガム大会に出場、男子シングルス決勝で郭躍華(中国)を3-1で倒して優勝し、世界チャンピオンになった。男子シングルスでの日本選手優勝は、第30回世界卓球選手権での伊藤繁雄以来であった。

なお世界卓球選手権では、1967年から1977年までの6大会連続代表となり、1967年と1969年の団体優勝にも貢献、男子ダブルスでは1967年と1969年にベスト4に、混合ダブルスでは1969年に広田佐枝子とのペアで準優勝している。

1977年の世界選手権および全日本選手権優勝後は、選手を引退してコーチ業に専念した。同年10月に行われた香港国際卓球大会では、世界卓球選手権の決勝対決がもう一度見られるという前評判があったが、河野は出場しなかった。日本選手団団長によると、「太りすぎで試合が出来る状態ではないが、主催者側に強く懇願されてやって来ただけ」とされ、日本卓球界が主催者側の茶番を知りながら、加担した疑いが持たれた。

河野満の出身高校

河野満出身高校
青森商業高校 偏差値 青森県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1796位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング