河野広貴の出身高校

河野広貴 プロサッカー選手

河野 広貴(かわの ひろき、1990年3月30日 - )は、神奈川県相模原市出身のサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属、ポジションはフォワード(FW)及びミッドフィールダー(MF)。

兄の影響でサッカーを始め、8歳からヴェルディ川崎(当時)の下部組織支部・ヴェルディSS相模原に所属。ドリブラーとして実力を磨いた。2005年、セレクションを経てヴェルディユースに入団。2006年、城福浩監督率いるAFC U-17選手権に臨むU-16日本代表に追加招集されると、決勝の北朝鮮戦で延長後半に決勝点となる2得点を挙げ、日本の優勝に貢献。翌2007年のU-17ワールドカップにも出場し、8月19日のハイチ戦で決勝点を挙げるなどスーパーサブとして活躍した。

Jリーグでは、2007年8月5日の愛媛戦で2種登録選手として出場し、2008年からは東京Vのトップチームに昇格を果たした。ヴェルディSS相模原出身者としては初のトップ昇格である。開幕戦の川崎戦でJ1初出場を果たし、プロ初先発の第5節・神戸戦でプロ初得点を挙げるなど活躍を見せ、7月にはプロA契約を結んだ。当時のプレーはリオネル・メッシを彷彿させるとの評価もあった。河野自身は、後に当時のプレーを振り返り「必要以上に甘やかされていた」「もっと早く移籍を決断しても良かった」と振り返っている。

2012年より自身のステップアップのためFC東京へ完全移籍。パスとドリブルの使い分けに苦心する中で自身初となるAFCチャンピオンズリーグ出場を経験。しかし、ベンチ入りメンバーには入り続けていたものの、負傷もあって出場は限られ、さらにランコ・ポポヴィッチ監督からは時に不慣れなボランチでのプレーを強いられた。2013年5月にはスペイン2部・CEサバデルの練習に帯同。夏・冬の2度に渡って獲得の打診を受けたが、FC東京からの慰留を受けて残留した。

2014年は移籍以来続いた苦闘の中で培った味方との連携や対人守備と攻守の切り替えの向上がマッシモ・フィッカデンティ新監督の目に留まり、3トップ時にはウイングで、2トップ時にはトップ下でレギュラーを奪取。鋭い動き出しと得意のドリブル、機知に富んだプレーで攻撃のリズムを作り、精力的なプレスで守備陣を助けた。

その他の公式戦

河野広貴の出身高校

河野広貴出身高校
相模原高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
120位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1990年3月30日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング