河井陽介の出身高校

河井陽介 プロサッカー選手

河井 陽介(かわい ようすけ、1989年8月4日 - )は、Jリーグ・清水エスパルスに所属するプロサッカー選手。ポジションはMF。

静岡県藤枝市出身。青島小1年の時に青島SSSでサッカーを始める。青島中時代は藤枝東FCに所属。高校は静岡の名門藤枝東高校に入学した。高校3年時に同期の村松大輔らとともに第86回全国高校サッカー選手権大会に出場、中心メンバーとして準優勝に貢献し、大会優秀選手にも選ばれた。しかし、決勝で大敗を喫した流経大柏の大前元紀との差を痛感した河井は「プロなんて考えなかった。まずは慶応に進学して、将来何をやるか考えようと思った」と、慶應義塾大学に指定校推薦で進学した。

大学入学後は1年時からレギュラーとして試合に出場。入部当時関東大学サッカーリーグ2部の同大学ソッカー部を1年で1部に復帰させるなど同期の田中奏一、黄大城、日高慶太らとともに中心選手として活躍。在学中にはU-20日本代表に選出され、全日本大学選抜には2年連続で選出されるなど、大学サッカー界を代表する選手となった。

2012年より、大学2年時から特別指定選手に登録されていた清水エスパルスに入団。リーグ開幕戦の名古屋グランパス戦でフル出場を果たすと、その後も先発出場を続け、リーグ戦32試合に出場した。主にインサイドハーフのポジションでの出場だったが、他のレギュラー選手の故障や出場停止時にはウイングやボランチ、サイドバックなど、数多くのポジションで出場した。

2013年より、背番号を10に変更した。2013年は主に左サイドハ-フや左サイドバックとして32試合に出場し、チーム1位のアシスト数8を記録した。

2014年はデュッセルドルフからの復帰した大前との話し合いにより、背番号を再び17番に戻している。2014年は主に右サイドハ-フや右サイドバックとして30試合に出場した。

アフシン・ゴトビ監督が「非常に賢く、試合を読める選手」と評価するなど、非常にクレバーで、戦術眼や状況判断に優れる攻撃的ミッドフィールダー。清水加入後は本職のMFに加えサイドバックに挑戦しプレーの幅を広げている 。

河井陽介の出身高校

河井陽介出身高校
藤枝東高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
178位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1989年8月4日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング