沢田教一の出身高校

沢田教一 ジャーナリスト

沢田 教一(さわだ きょういち、1936年2月22日 - 1970年10月28日)は、日本の報道写真家。ベトナム戦争を撮影した『安全への逃避』でハーグ第9回世界報道写真コンテスト大賞、アメリカ海外記者クラブ賞、ピューリッツァー賞を受賞した。

日本光学工業(現ニコン)は「1971年度(原文ママ)のピューリッツァー賞も、ニコンによる作品に授与された。ベトナム戦線において取材にあたったUPI通信社の沢田カメラマンの『安全への逃避』という力作である。」と主張していたが、実際には日本製カメラをどんなに勧められても「日本のカメラは写りが悪い」「日本のカメラを使うと壊れちゃうんだよ」といって日本製のカメラを使いたがらなかったという。妻のサタは、沢田本人が書いた『安全への逃避』の写真データとして「ライカM3、135ミリレンズ、トライX、1/250秒、F11」としている。

沢田がニコンを1台提げている写真が残っているが、ジャングルで取材中に故障し写真が撮れなかったことがあった。この際彼はニコンを地面に叩きつけながら「こいつのおかげで、今のショットを撮り逃がしたんだ!」と憤慨し、以来ライカ信奉は確たるものになったという。1967年にはライカM3を3台、ライカM2を2台、ライカM4を1台とボディー6台を所有、レンズはスーパーアンギュロン21mmF3.4、エルマリート28mmF2.8、ズミルックス35mmF1.4、ズミクロン35mmF2、ズミクロン50mmF2、エルマー50mmF2.8、ズミクロン90mmF2、エルマリート135mmF2.8などを揃え、これを黒塗りにした50×30cmほどのゼロハリバートンに入れて使用していた。沢田は受賞した表彰式で取材陣から「どんなカメラを使っているのか」という質問に対し常に「ライカ」と答えていたため有名になり、エルンスト・ライツ社(現ライカ)からプロトタイプの実写テストを頼まれるまでになっていた。

ハーグ世界報道写真展で1位を取って以後はニコンFを使用することもあったが、105mmや200mmといった望遠レンズのみであり、主力は引き続きライカを使用した。

沢田教一の出身高校

沢田教一出身高校
青森高校 偏差値 青森県高校偏差値ランキング
ジャーナリストランキング
17位 / 60人中 ジャーナリスト別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1936年2月22日生まれ

沢田教一の関連人物

ジャーナリスト偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


ジャーナリスト一覧

ジャーナリスト偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング