池田善蔵の出身高校

池田善蔵出身高校
尾道商業高校 偏差値
広島県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3481位/4491人中(プロ野球選手)
性別
男性
生年月日
1923年11月15日生まれ
プロ野球選手別偏差値ランキングを見る

池田 善蔵(いけだ ぜんぞう、1923年11月15日- )は、広島県出身の元プロ野球選手(投手)。

尾道商業から慶應義塾大学に進み、1947年に太陽ロビンスへ入団。1年目に7勝を挙げる。1948年に金星スターズへ移籍。2年目に2桁勝利となる11勝を挙げる。同年10月2日の大阪タイガース戦では藤村富美男に日本で初めてとなるサイクルヒットを打たれている。

1949年にも11勝を挙げた。1952年に阪急ブレーブスへ移籍し、1954年に引退した。

引退後の翌1955年、尾道商業OBの近藤道念が駒澤大学硬式野球部監督に就任したため、やはり尾道商業OBの野田誠二(太陽他)とともに同野球部コーチに就任。しかしチームの成績不振で半年で解任された。非常に酒が好きで、1年生だった太田誠は池田の酒当番だったという。

その後、母校・尾道商業で高校野球の監督を務める。1964年の春の甲子園では、投手に小川邦和を擁して決勝戦まで進出し、決勝は尾崎将司のいる海南高校に敗れたものの、初出場ながら準優勝となった。また1968年春の選抜高校野球大会においても準優勝を遂げ、尾道商業高校野球部の全盛期を築いた。

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング