江柄子裕樹の出身高校

江柄子裕樹

江柄子裕樹 プロ野球選手

江柄子 裕樹(えがらし ゆうき、1986年11月14日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(投手)。

渋谷区立原宿外苑中学校では、城南ドリームボーイズに所属。

その後、茨城県のつくば秀英高等学校に進学。当時の監督は阿井英二郎であった。1年時からエースとなり、2年時の春には県大会ベスト8に進出。しかし、3年時の夏は茨城県予選2回戦で水戸工業高校に敗退、甲子園出場は果たせなかった。2年下に山田大樹がいる。

高校卒業後は、明治大学に進学。硬式野球部では下級生時代は、層の厚い投手陣の中で目立った存在ではなかった。4年時の春になって、初めてリーグ戦で登板を果たす。開幕カードの東京大学2回戦に先発すると、5回を3安打2失点で降板し勝ち星は付かなかった。続く慶應義塾大学3回戦で7回を無失点に封じリーグ戦初勝利を収めた。春は先発の2番手として3勝を挙げ同校の優勝に貢献したが、秋は右肘痛の影響もあり未勝利に終わった。

大学卒業後は東芝に入社。野球部では1年目の2009年春から公式戦に登板。第80回都市対抗野球大会では、準々決勝のホンダ戦で救援登板を果たした。2年目の2010年は、登板数は増やしたが同年の第81回都市対抗野球大会や第37回社会人野球日本選手権大会での登板は無かった。3年目の2011年は、食事など生活面も見直して野球に取り組み、第66回JABA東京スポニチ大会のNTT西日本戦では、6回を投げ切った場面で降板となったが最速150km/hを記録する。第82回都市対抗野球大会では、2回戦の日本生命戦で救援登板し、2回1/3を1失点だった。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから6位指名を受けた。

2012年6月2日の対オリックス・バファローズ戦でプロ初登板。8月22日の対東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初先発し、4回途中を2失点だった。

2013年8月8日の対横浜DeNAベイスターズ戦で、同点の8回裏1死3塁の場面から中継ぎ登板。勝ち越しタイムリーを含む2安打を許すが2/3回を無失点に抑えた。その後9回表に味方が逆転したため、プロ初勝利を挙げた。

2014年はシーズン中盤から一軍に定着し主に中継ぎで19試合に登板。8月17日の広島戦ではローテーションの谷間で約2年ぶりに先発し3回1失点で降板した。8月31日の横浜DeNA戦では桑原将志へのストレートが頭部に直撃し危険球で退場となった。二軍では6月18日の対西武戦で先発し被安打1、10奪三振無四球の「準完全試合」を達成している。 オフの10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された。

2015年は、中継ぎ陣がシーズン後半戦以降ほぼ固定されたこともあり、プロ入り後初めて1軍出場なしに終わった。

江柄子裕樹の出身高校

江柄子裕樹出身高校
つくば秀英高校 偏差値 茨城県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1516位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1986年11月14日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング