永井良和の出身高校

永井良和 プロサッカー選手

永井良和(ながい よしかず、1952年4月16日-)は、サッカー選手、指導者。浦和市(現・さいたま市)出身。息子はJリーガーの永井俊太。さいたま市立浦和南高等学校 浦和南高校時代のプレー振りは、アニメーション「赤き血のイレブン」の主人公・玉井のモデルとされた。日本サッカーリーグ、古河電気工業サッカー部(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)の選手として1976年MVPを獲得、1977年天皇杯、1985-86年度日本リーグ優勝にも貢献した。1987-88シーズンを最後に現役を退いてから、古河サッカー部コーチと日本ユース(U-18)のコーチ、監督を併任。1992年プロ化されてから最初のジェフ市原監督として活動した後、1996年には福島FC、1998-2000年にはアルビレックス新潟、2001年には横浜FCの監督としても活動した。2006年からは日本女子サッカーリーグ L・リーグの浦和レッドダイヤモンズ・レディースの監督に就任した。彼にとって浦和は地元であり、Jリーグ始まって以来はじめて地元で指導することとなった。早くも浦和レッズ・レディースの選手達とも馴染んでおり、彼に期待する声は大きい。

永井良和の出身高校

永井良和出身高校
さいたま市立浦和南高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
322位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1952年4月16日生まれ

永井良和の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


永井良和の関連著書

プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング