水尾嘉孝の出身高校

水尾嘉孝

水尾嘉孝 プロ野球選手

水尾 嘉孝(みずお よしたか、1968年5月2日 - )は、奈良県出身の元プロ野球選手(投手)。現在は料理人。

小学3年時に五条ドンキースで野球を始める。高校は高知の明徳義塾高校へ進学。3年夏に高知県大会決勝戦で岡林洋一を擁した高知商業高校に敗れた。高校卒業後は福井工業大学に進学するが肘の故障で二度手術を行い投球を再開したのは2年秋から。4年時は全日本大学野球選手権大会2回戦の福岡大学戦で延長11回を16奪三振で完封勝ち。日米大学野球では第2戦で7回を9奪三振の無失点に抑えた。北陸大学リーグで通算11勝1敗の成績を残し、1990年のドラフト1位で横浜大洋ホエールズより指名され入団した。なお、この時の推定契約金1億円という額は当時の最高記録であった。

期待されて入団した大洋・横浜時代は芽が出ず、1993年には1試合に登板するも1死も取れずに自責点を記録し、年間防御率無限大という珍しい記録を残している。1995年にオリックス・ブルーウェーブに渡部高史、堀江賢治とともに飯塚富司・伊藤敦規との3対2のトレードで移籍した。

移籍初先発でプロ初勝利を記録したが、オリックス移籍後もしばらくは芽が出ず、1996年には2度目となる年間防御率無限大の記録を残すことになった。1997年から中継ぎに転向し、それからは安定した成績を残すようになり1997年に68試合、翌1998年にも55試合の登板を果たしドラフト1位の真価を見せつけた。

9試合の登板に終わった2000年のオフにオリックスから戦力外通告を受け、西武ライオンズに移籍、翌2001年から貴重な中継ぎとして2年間チームを支えた。

2003年に再び西武から戦力外通告を受けて退団。

2004年、学生時代からの夢だったメジャー挑戦を目指し渡米。アナハイム・エンゼルスの入団テストに合格し、3月29日に1年33万5000ドルのメジャー契約を結び、傘下のAAA級ソルトレイクで開幕を迎えるが、メジャーに昇格することなく5月2日に40人枠から外れる。ソルトレイクでも24試合の登板で0勝4敗、防御率6.18、WHIP1.80の成績を喫し、7月17日にAA級アーカンソーに降格し、アーカンソーでは9試合の登板に終わった。

2006年2月3日に首痛の悪化から引退を表明。その後は大阪の調理師学校を経て東京のレストランに勤め、2010年8月に自由が丘にカフェテラス&レストラン「ケチャップ自由が丘」を開き、翌2011年4月29日には同店舗をレストラン「Torattoria Giocatore(トラットリア・ジョカトーレ)」としてリニューアルオープンした。

水尾嘉孝の出身高校

水尾嘉孝出身高校
明徳義塾高校 偏差値 高知県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2732位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1968年5月2日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング