水口大地の出身高校

水口大地

水口大地 プロ野球選手

水口 大地(みずぐち だいち、1989年6月28日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(内野手)。

大村工業高校を卒業後の2008年、四国・九州アイランドリーグの長崎セインツに入団、1年目は主に遊撃手として起用され、2009年はコーチの古屋剛に守備についての指導を受けたほか、二遊間を組んでいた二塁手の松井宏次の技術を参考にしていた。2010年限りでチームが経営難で解散、救済ドラフトにおいて香川オリーブガイナーズに指名され移籍した。

2011年、左肘を痛め、療養のために5月15日に選手契約を解除され練習生となり、ホームゲームでマスコットの着ぐるみを着たり、スコアボードを操作するなど裏方の仕事を担った。その後怪我の完治により、7月1日付で再度支配下選手契約された。2012年は1番・二塁手のレギュラーに定着、9月度の成績が打率.455、出塁率.538で同月の月間MVPを受賞し、シーズン通算37盗塁を記録して最多盗塁のタイトルを獲得した。

2012年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズに育成1巡目で指名され、支度金300万円、年俸300万円(金額は推定)で合意し、入団。背番号は123に決まった。

2013年は二軍で二塁手、遊撃手として出場、2014年には三塁手としても出場している。

2015年、7月23日に支配下選手登録され、背番号が00へと変更された。7月度、二軍戦で9試合に出場し、29打数12安打、打率.414の成績でイースタン・リーグの月間MVPを受賞した。

独立リーグ時代で50メートル走のタイムは5秒8。

長崎セインツ時代から香川香川オリーブガイナーズ入団時には打席を両打ちとしていたが、その後左打ちに専念し、香川2年目および西武入団時は左打ちとして登録されている。

憧れの選手は、俊足の二塁手という共通点がある片岡易之。

高校時代から身長をサバを読んで登録していたが、高校時代は171cm、独立リーグ時代は168cm、西武入団後は165cmと年々修正すると、3年目開幕前には163cmとなって内村賢介と並び12球団最低身長になった。

水口大地の出身高校

水口大地出身高校
大村工業高校 偏差値 長崎県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2904位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1989年6月28日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング